IESHIL(イエシル)

IESHIL(イエシル)の不動産売却一括査定の特徴・口コミ・評判

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
IESHIL(イエシル)の不動産一括査定

不動産の売却を考えている場合、インターネットなどで良く見る不動産一括無料査定などに登録して、複数の不動産会社から査定額を出してもらうのが一般的ですが、今回紹介するIESHIL(イエシル)は一般的な一括査定とは違い、不動産流通市場の可視化、活性化を実現するために新しく提供を開始した不動産売買サービスです。

イエウールの一括査定

目次

【IESHIL(イエシル)の不動産一括査定の6つの特徴】

IESHIL(イエシル)の不動産一括査定の特徴

『得意なジャンルから不動産会社を選べる』

IESHIL(イエシル)の不動産一括査定の強み

 

不動産会社にはそれぞれ得意なジャンルがあります。

マンション売却に強い会社や、投資物件を主に扱っている会社、居住用物件の売却に強い会社など。

査定額や知名度も大事ですが、それだけで不動産会社を選んでしまうと、実際には相場よりも低い価格で取引されてしまう可能性もあります。

IESHIL(イエシル)ではそれぞれの物件に対して、得意な不動産会社を選んでくれます。

 

『囲い込みのリスクを避けられる』

IESHIL(イエシル)の不動産一括査定のリスクヘッジ

大手の不動産会社などが他社に情報を開示せずに、自社に来られた購入希望者にだけ物件を紹介するというやり方を『囲い込み』といいます。

囲い込みをされてしまうと本来、表に出なければいけない情報が隠されてしまい早期売買が困難になってしまいます。

 

IESHIL(イエシル)では囲い込みをしない不動産会社のみを紹介してくれます。

 

『2つの査定方法』

物件の価格査定の方法には大きく分けて『簡易査定』と『訪問査定』の2種類あります。

 

・簡易査定

簡易査定の方法は物件の所在地周辺における類似物件の取引事例や過去の成約事例、公示価格などを基に算出されます。

市場の動向も考慮して机上で概算価格を算出する方法で『机上査定』とも言われる。

 

不動産会社を訪問しなくてもインターネットで必要な情報を入力する一括査定サービスなどはこの簡易査定にあたります。

 

・訪問査定

訪問査定とは簡易査定に加えて、実際の物件を訪れて周辺環境や日照条件、眺望など現地に行かなければわからない物件の特色や状況を確認し査定額を算出します。

また、法務局や行政庁を回り、対象の物件の土地の形状や接道状況、法規制の有無、インフラ関係、権利関係などの調査を行い、成約ができると思われる価格を算出する『詳細査定』とも言われます。

訪問時間は数十分程度で、査定の結果がわかるまで数日かかるのが一般的です。

 

『市場で売れそうな価格を提示してくれる』

IESHIL(イエシル)の不動産一括査定の査定比較

不動産の査定を5社から10社などに依頼をした場合、その10社の中から物件を勝ち取ろうとするため、見せかけの査定額を提示されることも少なくありません。

高額な査定額を出してくれる会社は一見すると、頑張ってくれそうには見えますが実際に販売が始まると相場に合っていない為に売れ残ってしまう可能性があります。

 

あまりにも多くの不動産会社に査定を依頼してしまうとこうした見せかけの価格を提示されてしまい、時間だけが掛かって損失が出てしまう事もあります。

その点、IESHIL(イエシル)では問い合わせするd会社は最大3社までに絞って適正な価格を提案する不動産会社を紹介してもらえます。

 

『査定の根拠をしっかり説明』

不動産会社から査定額が提示されたら、なぜその査定額になったのかをしっかりと聞き詳細な説明を受けましょう。

 

宅建業法では査定価格の根拠を説明することが義務付けられておりますので、不動産会社ごとの減価要因、増価要因をしっかりと理解するようにしましょう。

 

<高い査定額には注意が必要>

査定額=売却額ではありませんので査定額が高いからと言って良いというものではありません。

相場からかけ離れた査定額をそのまま売り出し価格としてしまうと、売却できるどころか問い合わせさえ入ってこないというような事にもなりかねません。

売れない期間が長引けば長引くほど売れ残り感が残り、大幅に価格を下げなければ売れなくなってしまう可能性があります。

その為、最初の売り出し価格がその後の売却機関に影響するため、売り出し価格はとても重要なものです。

 

『1日20名限定の紹介制』

IESHIL(イエシル)の不動産一括査定の紹介制度

IESHIL(イエシル)で取引を行っている不動産会社は、それぞれに得意のジャンルを持っていますので、日ごろから多数の問い合わせを受けております。

1件の問い合わせに対して最低でも半日の準備が必要となる為、通常なら順番待ちになることが多いです。

 

しかし、IESHIL(イエシル)では、通常の問い合わせではなく『紹介』として信頼できるお客様を不動産会社に紹介します。

通常なら順番待ちになるケースでも『紹介客』として優先的に対応をしてくれます。

 

各市町村によって若干の違いはありますが、1日20名限定で紹介を行っております。

IESHIL(イエシル)では不動産会社を『業者』としてではなく『パートナー』として利用してくれる方のみに紹介している為、連絡を無視したりメール査定だけが目的のお客様はご遠慮いただいております。

イエウールの一括査定

【なぜIESHIL(イエシル)の不動産一括査定を利用するのか?】

なぜIESHIL(イエシル)の不動産一括査定を利用するのか?

IESHIL(イエシル)の評判の中に、特に気になる事と言えば査定の精度です。

査定の精度についてはブログやTwitterなどの評判は当てにしない方がよいでしょう。

ブログやTwitterで発言している人は不動産に関して素人である為、実際にデータを集めたわけではありませんので、発言に信憑性がありません。

 

IESHIL(イエシル)で出された査定額が100%正しいというわけではありませんが、データを集めたことがない素人の発言よりは正確である可能性が高いと言えます。

IESHIL(イエシル)ではデータを閲覧したり、相談を受けることが無料なのでデータを操作して顧客を集める必要がありません。

 

IESHIL(イエシル)の査定の精度は評判よりも、どのように査定をしているのかを見た方が良いです。

また、IESHIL(イエシル)では制度が低くなることもはっきりと明記しております。

IESHIL(イエシル)の査定方法は以下の通りです。

 

・不動産の専門家と連携している

・綿密な市場価格算出テストを繰り返し行っている

・査定の精度が低くなる事も明記している

 

それぞれを詳しく説明していきます。

 

『不動産の専門家の連携している』

不動産の研究をしている人やジャンルは多くありますが、IESHIL(イエシル)のサービスは日本大学教授・マサチューセッツ工科大学不動産研究センター研究員の「清水千弘氏」の研究により開発されたものです。

清水教授は「住宅価格指数の集計バイアス:反吐ニック価格法VS.リピートセールス価格法」と「商業不動産価格はどのように痩躯呈すればよいのか?」という2つの論文を執筆されている不動産の専門家です。

『価格測定』に関する研究をされているという点で信頼性が高いと言えるでしょう。

 

『綿密な市場価格算出テストを繰り返し行っている』

IESHIL(イエシル)では査定精度を高める為、市場価格算出テストを繰り返し行っています。

『建物階ごとの所在階平米単価係数』というテストを行い、1階の部屋は最上階に比べて何%の価格になるのかを算出する方法です。

 

例えば57階建てのマンションの最上階と1階を比較した場合、1階は57階の4割の価格となっています。

57階の家賃が100万円だった場合、1階の家賃は40万円となります。

 

更に、「区ごとの価格変動指数」という方法を用いて、1995年から2015年の20年間で東京23区のマンション価格がどのように変化したのかを示したデータもあります。

これを見ると2008年以降の東京のマンション価格変動指数が全体的に上がっていることがわかります。

 

もちろん、これらのデータだけを見てもIESHIL(イエシル)の査定精度が高いかどうかはわかりません。

ですが、このようなデータを多く集めて独自の技術で解析をしているというイメージはできると思います。

 

『査定の精度が低くなる事も明記している』

IESHIL(イエシル)では査定の精度が低くなることもしっかりと明記しております。

以下に挙げられることがあると精度が低くなります。

  • 不明な部屋情報が多いマンション
  • 周辺にあるマンションでは比較することが困難なマンション、顕著な価格決定要因があるマンション
  • 築年数の著しいマンションやアパート、高級マンションなどにみられる設備等に独自性や特殊性のあるマンション。

簡単に説明すると、価格がわからない部屋が多いマンションや、立地や設計が特殊なマンション、古すぎるマンション・個性的なマンションの場合は査定価格の精度が低くなります。

 

IESHIL(イエシル)では同じマンションの他の部屋の価格を参考にしている為、他の部屋情報が少ないマンションでは査定自体はできるが精度は低くなります。

 

顕著な価格決定要因があるマンションとは、例えばマンション内で火災が発生したような場合、価格は大きく変動します。

 

最後に築年数の古いマンションではその危機感の管理組合の管理レベルによって、マンションの状態が大きく変わりますので、精度は低くなります。

また、高級マンションの中でも設備やサービスが特殊な物件は精度が低くなります。

例えば、掃除の代行をしてくれるマンションがあったとします。

こうしたサービスは、使わない場合でもいつでも使えるというだけでマンションの価値が上がってしまいます。

ですがこのようなサービスを行っているマンションが非常に少なくデータが少なくなります。

また、こうしたサービスはそのレベルを数値化することが難しいため、IESHIL(イエシル)でも査定の精度が低くなる恐れがあります。

イエウールの一括査定

【IESHIL(イエシル)の不動産一括査定を利用している方の査定理由・目的とは】

IESHIL(イエシル)の不動産一括査定を利用している方の査定理由・目的とは

IESHIL(イエシル)に登録されているマンションなら各部屋の査定額がわかります。

 

上記の表は東京のとあるマンションの「5階」の部屋の査定額です。

すべての部屋が登録されているわけではありませんが、かなりの数の部屋が登録されています。

 

また、査定価格はビッグデータ(膨大な情報)から計算されており、約9,000万件の情報を利用しています。

・賃貸情報

・売買履歴

この2つのデータを膨大な量集めることで、そのマンションの査定額を算出しています。

 

【IESHIL(イエシル)と他の一括査定の違いは?】

IESHIL(イエシル)と他の一括査定の違いは?

一般的な不動産一括サイトでは一回の情報入力で10社前後の不動産会社に一斉に査定依頼が送られるため、不動産会社同士の競争に巻き込まれやすくなります。

その為、来店して欲しいがためにわざと高い査定額を提示する会社も多くなります。

そして、高い査定額を提示してくれた不動産会社と実際に商談を始めても、その見積額は市場の相場とはかけ離れたもので、実際に商談をしてみると評価額は下げられ、期待値との乖離が生まれてしまいます。

 

また、更に買い手は少しでも安く買いたいため、強気な値段では買い手が付かず、価格交渉を受けてさらに価格を下げなければいけなくなるケースもあります。

その為、自分の物件の適正な価格がわからないままの状況で売却しなければならないのです。

 

その点、IESHIL(イエシル)では公平性や中立性を重視したサービスで従来の査定見積もりとは違う観点から物件の査定を行っております。

顧客のニーズと不動産会社の特徴をAIでマッチングをして、3社までに限定をしお勧めの不動産会社を紹介するというスタンスをとっています。

本来なら顧客に対して一番相性の良い営業担当をマッチングするのがベストな方法なのですが、現状はテストマーケティング要素も強く、またAIもそこまでは至っていない為、不動産会社とのマッチングをしながらAIの精度を高めている状況です。

 

【IESHIL(イエシル)って怪しい!?怖い!?本当に査定して大丈夫か?】

IESHIL(イエシル)って怪しい!?怖い!?本当に査定して大丈夫か?

これまでの不動産一括サイトとは違ったやり方や、顧客に対してより良い不動産会社を紹介してくれるIESHIL(イエシル)は、不動産業界に参入してきてまだ間がありません。

その為、新しいシステムやサービスを理解できずに、敬遠されている人も多いようです。

査定の精度は正確なのか?紹介してくれた不動産会社は信頼ができるのか?という不安が残る為、「怖い」「怪しい」という感情が生まれます。

 

IESHIL(イエシル)では無料相談も実施しておりますので、一度相談をしてから決断することをお勧めします。

 

【IESHIL(イエシル)を実際に使ってみた人の評判・口コミは?】

IESHIL(イエシル)を実際に使ってみた人の評判・口コミは?

IESHIL(イエシル)の評判や口コミは、Twitter上で多く見受けられます。

それらの評判や口コミの内、参考になるものを挙げていきます。

 

『いい評判・口コミ』

<IESHIL(イエシル)のような中古不動産流通市場の可視化・活性化のリアルタイム査定や物件に関する利便性・治安・地盤情報など8項目のレイティングデータ公開、中古不動産物件の売買仲介サービスが定着すると新築する意味も長期的な視点で考えられそうですね。>

※<>内は引用23:40 – 2016年2月18日

 

『悪い評判・口コミ』

<日本でも各ポータルや仲介大手が物件アーカイブを作っていたり、最近ではIESHIL(イエシル)他の際ともあるけれど、物件個別の取引事例とスペックにほぼ終始していて、おもしろくない。>

※<>内は引用2:28 – 2016年3月15日

イエウールの一括査定

【IESHIL(イエシル)を利用するメリットとは!?】

IESHIL(イエシル)を利用するメリットとは!?

IESHIL(イエシル)と他の一括査定サイトを比較してIESHIL(イエシル)を使うメリットはどのようなものがあるのでしょうか?

 

『適切な不動産会社を紹介してくれる』

不動産会社には得意な分野と、不得意な分野がありますので、売却を希望される物件が投資用なら投資物件に強い会社、居住用なら居住物件に強い会社を紹介してくれます。

こうした適切な会社を紹介してくれることで、より高くより早く売れる可能性がありますのでIESHIL(イエシル)を使う大きなメリットになります。

 

『囲い込みのリスクが減らせる』

囲い込みとは他の不動産会社に情報を掲示せずに、自社に来られた購入希望者にだけ物件を紹介し、仲介手数料を買主と売主から両方から受け取るという方法です。

囲い込みをすると一つの物件を売却するだけで手数料は2件分となる為、不動産会社にとって囲い込みは非常にお得な方法なのですが、IESHIL(イエシル)では公平性、透明性を目指したサービスを追求していますので、このような囲い込みをしない企業だけを紹介してくれます。

 

『売却できる可能性のある価格を知ることができる』

一般的な不動産一括査定サイトは一度の入力で数社からの査定額を知ることができますが、多くの会社での競争が繰り広げられてしまい契約欲しさに実際よりも高い査定額を提示してくる不動産会社も出てきます。

 

売る側からすると1円でも高く売りたいと思っていますから、高い査定額を提示してくれた不動産会社と契約したいと考えます。

しかし、実際査定額よりも安くしなければ売れないという事態に陥ってしまいます。

買う側からすると1円でも安く買いたいと思っていますから、相場からかけ離れた金額の物件には見向きもしてくれません。

 

IESHIL(イエシル)では膨大なデータをAIが計算をして客観的な価格を査定します。

売り手と買い手を上手くマッチングできるように考えたサービスがIESHIL(イエシル)のサービスです。

また、IESHIL(イエシル)を運営しているリプセンスという会社は元々IT系の会社なので、不動産業界の抱える問題をクリアできるような新しいサービスの可能性を感じられます。

 

『東証一部上場企業が運営しているので安心』

IESHIL(イエシル)を運営する株式会社リプセンスは東証一部上場している会社なので、しっかりとした会社で安心してサービスを利用することができます。

 

『プロと相談ができる』

IESHIL(イエシル)のスタッフは全員、宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士、ファイナンシャルプランナー2級などの資格を持った不動産の専門家達です。

こうしたプロのサポートがある為、不動産取引が初めての人でも安心して物件を売買することができます。

 

不動産を売却しようと考えた時インターネットなどで情報を調べることがあるかもしれませんが、自分一人の力ではわからない部分も多いでしょう。

そんな時に気軽に専門家に相談できるIESHIL(イエシル)のサービスは非常に心強いと思います。

 

査定に関してはAIが行い、細かな疑問などはプロの専門家が対応してくれるという実に画期的なサービスです。

 

『無料である』

プロの専門家に相談できるサービスはすべて無料となっています。

無料の相談窓口への予約などはウェブサイトから申し込むことができ、専門家の的確なアドバイスが無料で受けらます。

 

『中立な立場からアドバイスをくれる』

IESHIL(イエシル)ではただ物件の資産価値を査定するだけではなく、周辺の治安や地盤の状態、環境など様々な角度から分析し中立の立場からアドバイスをしてくれます。

 

『勧誘の心配がない』

不動産一括サイトに登録した人の中には、電話の勧誘などに悩まされた人も多いのではないでしょうか?

IESHIL(イエシル)にはこうした勧誘は一切行いませんので安心して無料相談をすることができます。

 

【IESHIL(イエシル)の使い方・査定までの流れ】

IESHIL(イエシル)の使い方・査定までの流れ

IESHIL(イエシル)の使い方は一般的な不動産一括査定サイトとほぼ同じで、以下のようになります。

 

  • 不動産の情報を入力

一般的な不動産一括サイトのように対象の不動産の情報を入力し、その情報を元にIESHIL(イエシル)の人工知能が売主に一番合った不動産会社を選定する。

 

  • 売主に合った不動産のプロを紹介

それぞれに得意なジャンルがある不動産会社の中から、最大3社までを絞りこんで紹介する。

 

  • 実際に来店してもらい相性を確認

実店舗までご来店して頂き不動産会社の営業担当者とお会いし、ご自身が信頼出来る不動産会社なのか、今後のパートナーとして付き合いができるのかを判断してもらう。

 

  • 実際に売れそうな価格の中から比較する

相場からかけ離れた見せかけの金額ではなく、ご自身が納得して売れる金額を提案し、スピーディにかつ高く売れる価格を提案してくれます。

イエウールの一括査定

【IESHIL(イエシル)の一括査定の対象エリアは!?】

IESHIL(イエシル)の一括査定の対象エリアは!?

現在IESHIL(イエシル)での査定対象エリアは首都圏全域へ拡大し、1都3県の主要物件23万棟が対象となっています。

 

IESHIL(イエシル)は2015年8月27日に提供を開始した新しい不動産情報サービスです。

約9,000万件にのぼる売買や賃貸履歴のデータを活用した独自のリアルタイム査定システムによって、物件の価格推移や市場価格、推定資料を公開しております。

また、IESHIL(イエシル)のリアルタイム査定による市場価格の価格推移、推定資料の対象エリアを首都圏全域に拡大し、23万棟のマンション物件を増価した結果、幅広い物件について閲覧できるようになり、利便性の大幅な向上が見込まれています。

 

IESHIL(イエシル)では更なる対象エリアの拡大に向けて物件関連情報のレイティングデータの公開や、不動産取引の窓口であるイエシルアドバイザーサービスの拡大により、売主と不動産会社双方の課題を解決し不動産売買の活性化に貢献しております。

 

【IESHIL(イエシル)の不動産売却一括査定の特徴・口コミ・評判~まとめ~】

IESHIL(イエシル)の不動産売却一括査定の特徴・口コミ・評判

IESHIL(イエシル)ではお客様を第一に考え、より良い取引ができるようなサービスを提供しております。

一般的なインターネット一括査定とは違い、業者とお客という立場ではなく良きパートナーとなれるような不動産会社を紹介してくれます。

その為、明らかに高い査定額を提示したり、買取目的で物件を預かったりという事がありません。

 

また、「イエシルアドバイザー」というサービスを使えば、不動産会社を訪れる前に中立的な立場で売買に関する情報を説明してくれ、売主に合った信頼性の高い不動産会社を最大3社紹介してくれます。

また、IESHIL(イエシル)の提携先の不動産会社は、イエシルアドバイザーによってあらかじめ売買への不安を解消されており、売主の希望に合致した売却、購入意欲の高い購入希望者を効率的に獲得できます。

 

IESHIL(イエシル)では、不動産取引の窓口であるイエシルアドバイザーサービスの提供を通して、ユーザーと不動産会社の課題を解決し、不動産売買の活性化に貢献しています。

イエウールの一括査定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

不動産売却一括査定ランキング

不動産売却一括査定サイトだけでもこれだけ多くのサイトがあるのをご存知ですか?

『少しでも高く売りたい!!』 そう考えたときに、比較の観点より不動産一括査定サイトが頭に浮かびます。

一方で、最近は不動産一括査定サイトだけでも多くのサイトがあり、どれを利用するべきか全く想像がつかないですよね?

  1. イエウール

  2. イエイ

  3. ホームズ

  4. リビンマッチ(旧スマイスター)

  5. HOMU4U

  6. マイスミEX

  7. マンションナビ

  8. スモーラ(smoola)


大半のサイトが、最大6社の不動産会社に査定依頼ができ、全てのサービスを無料で利用することができます。

各社違いはあるのですが、一般の方からはほとんど見分けがつきません。

そのため、公平な目線で本当に利用するべき不動産一括査定サイトをさまざまな軸でランキングにしました。

本当に売却できる不動産一括査定のランキングはこちら

不動産人気ブログランキング

ポチッと応援して頂けると嬉しいです。 にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
にほんブログ村

コメントを残す

*