マンション売却の基礎知識

なかなか売却できない中古マンションを売るための見直しポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
なかなか売却できない中古マンションを売るための見直しポイント

マンションを売りに出しているが、なかなか売れずに頭を抱えている人も多いのではないでしょうか?

 

マンションの売却をするには様々な理由がありますが、せっかく苦労して手に入れたマンションだからできるだけ高く売却したいと考えてしまうものです。

 

また一戸建てに比べマンションの場合、実際に住んでいなくても、管理費や修繕積立金が毎月かかってきますので、所有し続けると費用がかさんでしまいます。

 

その為、早期売却を目指していますが、不動産はなかなかすぐに買い手が見つかるものではありません。

 

ですが、売れ残ってしまうにも理由があるはずです。

 

今回はなかなか売れずに残ってしまっているマンションを売るための見直しのポイントを説明します。

【3ヶ月で売却できない物件は見直しが必要】

3ヶ月で売却できない物件は見直しが必要

一般的にマンションを売りに出してから売却ができるまでには約3ヶ月がかかると言われております。

 

ですが3ヶ月が経っても未だに売れ残っているには何か理由があるはずです。

 

通常マンションを購入したいと考えている人は、インターネットの物件検索サイト等をマメにチェックしているものです。

 

『購入希望者の目に止まる物件に見直す』

マンションを売却する際は売主目線ではなく、買主目線で売却活動を行いましょう。

 

ご自身がマンションを購入した時を思い出してください。

一生に一度あるかないかの大きな買い物になるマイホーム、マンションの間取りや価格はもちろんですが、学校区、周辺環境、利便性、購入時期など様々な希望があったはずです。

 

理想の物件を見つけるために、ありとあらゆる物件情報を集めて検討していたのではないでしょうか。

 

通常広告活動をしてから1ヶ月もあれば購入希望者の目に留まると言われております。

 

もし3ヶ月を過ぎても売れ残っている場合は、見直しが必要です。

【物件の魅力と情報が購入希望者に届いていない】

物件の魅力と情報が購入希望者に届いていない

売れ残る理由としてマンションの『魅力』と『情報』が正確に購入希望者に届いていない事があげられる。

 

『購入希望者にとって魅力的な物件になっているか』

売れ残っている大きな原因は、購入希望者にとってあなたの物件が魅力的に映っているかどうかが決め手になります。

 

購入を検討している人にとって、価格と物件のクオリティのバランスのお得さ、つまりコストパフォーマンスが良いかどうかです。

 

また、不動産会社が広告活動を行ってくれているが、物件の情報が少なすぎて購入希望者の目に止まらない可能性もあります。

 

物件の良い点をより多くインターネットに掲載することで、問い合わせの数も増えることでしょう。

 

『査定価格で売れない7つの原因と対策』

 

  • 査定額が高すぎる

査定額つまり売り出し価格が高すぎると、周辺の相場にあっていないため売れ残る。

 

折角苦労して手に入れたマイホームだから少しでも高く売却したいと思うのは当たり前ですが、周辺の相場を無視して高値をつけても逆に売れ残ってしまいます。

 

購入希望者も周辺相場を調べていますので、適正な価格を設定しましょう。

 

  • 周辺にライバル物件が多い

近隣に同じようなマンションが多数売却されている場合、リフォームで付加価値をつけたり、階数やバルコニーの向きなどその物件が他の物件より優れている点をアピールしましょう。

 

  • タイミングが悪い

1年のうちで最も引越しが多い時期は3月や4月頃です。

中古マンション市場においてもこの時期が一番の繁忙期になります。

 

この時期にマンションの売却をする場合、競争相手が多すぎてご自宅の売却が不利になる場合があります。

 

3月から4月は転勤や人事異動などで不動産を売却する人が急増しますので、もしこの繁忙期の時期を外すことが出来るのであれば、繁忙期が過ぎるのを待つと良いです。

 

  • 不動産会社の宣伝活動が甘い

ご自身のマンションをあずけている不動産会社が宣伝活動を積極的に行っていない可能性もあります。

 

複数社に依頼ができる『一般媒介契約』の場合、1社独占ではないため十分な販売活動を行わない事もありますので、じっくりと販売活動を行ってもらいたい場合は、『専任媒介契約』に切り替えることをお勧めします。

 

  • 不動産会社の営業マンの能力不足

一つの物件には一人の担当者が付くことになりますが、この担当者の態度や説明不足などで、せっかく物件に興味を示してくれた人を遠ざけてしまっている可能性もあります。

 

また『一般媒介契約』の場合、売主に対しての報告義務がありませんので、条件の厳しい物件の場合、担当者が放置している可能性もあります。

 

その場合、3ヶ月がすぎて契約更新の際に、別の不動産会社に頼むことをお勧めします。

 

  • 物件内覧時に購入希望者をがっかりさせている

紙面上ではよく見える物件でも、実際に内覧すると壁紙がタバコのヤニで汚れている、匂いが強烈に残っているなどで、内覧者をがっかりさせている場合、ハウスクリーニングや簡単なクロスの張替えなどを行い、綺麗な状態で内覧してもらうようにしましょう。

 

  • 周辺でマンションの需要がない

この場合、売り出している物件の周辺の住民に購入者がいないかを探してみるのも手です。

 

また、売主の親族や知人の中に購入者がいないかも探ってみましょう。

 

但し、『専属専任媒介契約』を結んでいる場合、契約期間中は自己発見での契約はできませんので注意が必要です。

 

【なかなか売却できない中古マンションを売るための見直しポイント~まとめ~】

このように物件が売れ残ってしまうのは様々な理由があります。

売主が原因の場合もあるし、不動産会社が原因の場合も、また周辺環境などが原因の場合もあります。

 

これらの原因を見直して、より良い売却ができるように目指しましょう。

 

不動産売却については、先ずは無料査定の依頼を実施してみましょう。

不動産売却一括査定ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

不動産売却一括査定ランキング

不動産売却一括査定サイトだけでもこれだけ多くのサイトがあるのをご存知ですか?

『少しでも高く売りたい!!』 そう考えたときに、比較の観点より不動産一括査定サイトが頭に浮かびます。

一方で、最近は不動産一括査定サイトだけでも多くのサイトがあり、どれを利用するべきか全く想像がつかないですよね?

  1. イエウール

  2. イエイ

  3. ホームズ

  4. スマイスター

  5. オウチーノ

  6. すまいValue

  7. HOMU4U

  8. マイスミEX

  9. マンションナビ

  10. ソニー不動産

  11. スモーラ(smoola)


大半のサイトが、最大6社の不動産会社に査定依頼ができ、全てのサービスを無料で利用することができます。

各社違いはあるのですが、一般の方からはほとんど見分けがつきません。

そのため、公平な目線で本当に利用するべき不動産一括査定サイトをさまざまな軸でランキングにしました。

本当に売却できる不動産一括査定のランキングはこちら

不動産人気ブログランキング

ポチッと応援して頂けると嬉しいです。 にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
にほんブログ村

コメントを残す

*