マンション売却の基礎知識

マンション売却の流れとマンション売却に必要なもの

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
売買契約時及び決済時の必要書類

マンションや一戸建て土地といった不動産を売却する際には、物件種別によって必要書類は共通の物もあれば異なる物もあります。

揃える書類は結構多いですが、いざ売買契約となってから慌てないためにもしっかりと事前準備をしておきましょう。

 

【必要書類を事前準備するには重要な意味がある】

不動産の売却の書類

必要書類は売買契約をスムーズに進めるためにも、必要な時にすぐにでも出せる準備をしておかなければなりません。

なぜなら、購入希望者は購入するかどうかの決め手になるのは、どれぐらいの諸費用がかかるのかを正確に知っておきたいと思っているからです。

その時に必要になるのが、売主から用意される書類が必要になるからです。

書類が無くても大まかな概算は出せますが、購入希望者は正確な諸費用が知りたいので、素早く正確な諸費用を出してあげることで、購入する意欲が増すと言われております。

 

また購入希望者は銀行から住宅ローンを使って購入することが多く、その手続きにも売主が用意する書類が必要になります。

ここでモタモタしていたら折角現れた購入希望者が購入希望者のまま話が流れてしまう可能性もあります。

素早く書類を提出することで、購入希望者が買主となってくれるよう努めましょう。

【必要書類はいつ用意すればいいの?】

不動産の売却の書類はいつまで

必要書類を素早く用意するといっても、いつ何を用意すれば良いのかわかりませんよね。

不動産を売却する際に物件の販売活動などを任せている不動産会社があると思いますので、その不動産会社から指示される書類を、揃えれば大丈夫です。

また、ご自身で揃えなくても不動産会社が用意してくれる書類もありますので、不動産会社の言われる書類だけを揃えるようにしましょう。

 

物件の状況などにもよるので下記に示すものが全て必要というわけでもなく、また下記以外にも書類の提出を求められる事があります。

揃える書類の中には公的機関から取得するものもあり、土日では取得できないような書類もあるため、日中に取りにいける時間を作っておかなければなりません。

もしくは代理人を立てて書類を取ってきてもらうために、委任状などを用意しておくのも良いでしょう。

【査定時の必要書類】

不動産の売却に必要な書類

・登記済権利証または登記識別情報

・固定資産税の納税通知

・ローン残高証明書またはローン返済表

・マンション管理規約または使用細則

・物件パンフレット

・地積測量図

・建物図面

・住宅性能評価書(建設・設計)

これらの書類が必要になりますが、マンションの場合地積測量図は必要ない場合が多いです。

またマンションの場合は新築当時のパンフェレットがあればとても有利です。

【売却開始時(売却中)の必要書類】

不動産売却に必要な書類

・身分証明書

・実印

・印鑑証明書

・登記済権利証または登記識別情報

・住民票

・評価額証明書

・固定資産税の納税通知書

・ローン残高証明書またはローン返済予定表

・マンション管理規約または使用細則

・物件パンフレット

・地積測量図

・建物図面

・住宅性能評価書(建設・設計)

購入希望者が内覧される時に、新築当時の物件パンフレットがあれば是非見せてあげましょう。

パンフレットを見ることで、購入意欲が上がる事もありますので、早期売却にもつながります。

【売買契約時及び決済時の必要書類】

売買契約時及び決済時の必要書類

不動産の売買契約時には重要な書類がとても多く、その中でも権利証(登記識別情報)がない場合、再発行ができない書類ですので注意が必要です。

物件の販売を開始した時からすぐに出せるようなところに保管しておきましょう。

・身分証明書

・実印

・印鑑証明書

・登記済権利証または登記識別情報

・住民票

・評価額証明書

・固定資産税の納税通知書

・ローン残高証明書またはローン返済予定表

・マンション管理規約または使用細則

・物件パンフレット

・地積測量図

・建物図面

・住宅性能評価書(建設・建築)

この他にも場合によっては必要になってくる書類もありますので、詳しくはお任せしている不動産会社に訪ねてみましょう。

【新築当時のパンフレットは非常に重要】

新築当時のパンフレットは非常に重要

マンションなら新築分譲を開始した時のパンフレットがあれば、できるだけ用意しておいてください。

戸建ての場合でも、分譲戸建てであればパンフレットがあるはずですから、これを用意しておくと取引が優位に進められます。

 

『購入希望者の価値観に訴える』

新築当時のパンフレットを物件の購入希望者に渡すのには、内覧後のイメージをそのパンフレットで継続してもらうためです。

もしパンフレットがなければ、内覧後数日経てば物件のイメージは消えてしまいますが、パンフレットがあれば、内覧後のイメージを長いあいだ継続できるため、内覧してくれた購入希望者にはカラーコピーしたもので構わないので、必ず渡すようにしましょう。

【マンション売却の流れとマンション売却に必要なもの~まとめ~】

【不動産売却に必要な書類 ~まとめ~】

このように取引を優位に進めるためには、事前に準備をして購入希望者が現れた際は、いつでも書類の提出ができるようにしておきましょう。

何が決め手になるかはわかりませんので、あって困るものではありませんので、用意できる書類はできるだけ用意しておきましょう。

 

また、マンション売却を成功させるためには、自分の所有しているマンションの価値を正確に把握することから始まります。そのためにも不動産一括査定を活用し、所有しているマンションの相場を正しく理解しましょう。

不動産売却一括査定ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

不動産売却一括査定ランキング

不動産売却一括査定サイトだけでもこれだけ多くのサイトがあるのをご存知ですか?

『少しでも高く売りたい!!』 そう考えたときに、比較の観点より不動産一括査定サイトが頭に浮かびます。

一方で、最近は不動産一括査定サイトだけでも多くのサイトがあり、どれを利用するべきか全く想像がつかないですよね?

  1. イエウール

  2. イエイ

  3. ホームズ

  4. スマイスター

  5. オウチーノ

  6. すまいValue

  7. HOMU4U

  8. マイスミEX

  9. マンションナビ

  10. ソニー不動産

  11. スモーラ(smoola)


大半のサイトが、最大6社の不動産会社に査定依頼ができ、全てのサービスを無料で利用することができます。

各社違いはあるのですが、一般の方からはほとんど見分けがつきません。

そのため、公平な目線で本当に利用するべき不動産一括査定サイトをさまざまな軸でランキングにしました。

本当に売却できる不動産一括査定のランキングはこちら

不動産人気ブログランキング

ポチッと応援して頂けると嬉しいです。 にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
にほんブログ村

コメントを残す

*