不動産売却の基礎知識

不動産を相場より高く売る方法とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

不動産売却において、絶対に失敗しないために~!!

本ページをご覧になられている方は、『初めての不動産売却のため、どうすれば良いかわからない』と思っているのではないでしょうか。

大丈夫です。それが自然です。不動産売却とは、人生において何度もありません。むしろ一生で1度しか経験されない方が大半です。初めての不動産売却で、かつ、高額な金額が動くため、慎重になりたい気持ちは凄く理解ができます。そのお気持ちを大切に、不動産売却において絶対失敗しないためのポイントを整理しましょう。

不動産を相場より高く売るための3つのポイント!

不動産売却においての確認ポイント

不動産を相場より高く売るために、、、もしくは、絶対に失敗しないために気をつけるべき3つのポイントがあります。これから不動産売却に向けて、第一歩を踏み込むのであれば、この3つのポイントだけは、必ず抑えておきましょう。

【結論】

不動産を相場より高く売るための3つのポイント
  1. 査定価格に一喜一憂しない!
  2. 売れないときは、冷静かつ、販売戦略を見直す
  3. 不動産売却を依頼する不動産会社や、営業担当者を見極める

不動産の売却は、普通の方は初めてのため、どうしてよいかわからないのが普通です。そのため、不動産会社側の言い分になってしまいがちで、結果、思ってもいない状況に陥ることがあります。

不動産売却において気をつけるべきポイントは上記3点です。不動産売却に関する知識がないため、不動産会社に全て任せてしまおうと考えてしまいがちですが、不動産会社や営業担当者によって、売却スキル、経験が異なっています。不動産売却において、わからないことをそのままにせず、自分自身で調べたり、質問をしたり、売ることへの当事者意識を持って売却活動に臨むことが重要です。

不動産売却において、当事者意識を持たないと、どのような結末を迎えるのか、具体的にチェックしてみましょう。

不動産売却を実現するための第一歩!不動産仲介会社の選定

不動産会社の選定方法

『不動産を売りたい』という人は、先ず始めに、不動産仲介会社に売却依頼をすることから始まります。不動産売却の活動において、自分自身で不動産売却活動の広告資料の作成や、買主に対して見せるためのチラシ作成、広告掲載などをすることは一切ありません。売却活動は、全て不動産仲介会社に任せることになります。

不動産仲介会社の仕事は、買主を探すための広告の作成や掲載などの集客だけではなく、購入を希望される方への部屋の内覧の立会い、売りの価格交渉、契約書作成、契約締結、不動産の引渡しなど、不動産売却活動における全ての活動をサポートします。

では、具体的に、不動産売却活動の一連の流れを仮名:さとしさんの体験談でチェックしましょう。

さとしさんの不動産売却体験談

訪問査定 不動産一括査定

さとしさんは、43歳で子供1人と奥さんのおじいちゃん、おばあちゃんを含めた5人暮らし。子供が大きくなり、来年は中学生になることから部屋が狭いと感じ始めていました。奥さんに相談し、今住んでいるマンションを売却し、もう少し広いマンションor 戸建てを購入することにしました。

マンションを売却するのは初めてのさとしさん。何をして良いのかわからないことから、近所の不動産会社であるオオテ不動産と、地域密着不動産に訪れ、売却活動の一歩を踏み入れました。どちらの不動産会社も、現在住んでいる物件情報を記入させられ、『査定をしたいので、お部屋を見せてください』と言われた。

さとしさんは、オオテ不動産と地域密着不動産の言われる通りに、査定のためのスケジュールを調整し、訪問査定を実施することになった。予定日になり、それぞれの不動産会社に部屋を見せ、査定を実施してもらった。

数日後、訪問査定の結果を教えてもらった。オオテ不動産は、2,280万円。地域密着不動産は、2,630万円。さとしさんは、350万円も査定結果が異なっていることに驚きを感じました。それぞれの不動産会社に査定結果の理由を確認する中で、地域密着不動産の営業担当は、『8ヶ月前に同じマンションを売却したことがあるんです』と堂々と語り、自信に満ち溢れている話し方をしていました。『経験豊富なので任せてください。』と。

さとしさんとしては少しでも高く売却したいし、自信に満ち溢れている営業担当をみて、地域密着不動産に依頼して、売却活動を始めることにしました。

地域密着不動産会社から連絡が入り、売却活動に向けて綿密な打ち合わせ。売却希望価格や、広告の出稿先などを話し合いました。広告を打つのは1週間後ということもあり、さとしさんは奥さんと嬉しそうに話し合っていました。

いよいよ、広告出稿が開始されました。地域密着不動産より連絡が入り、確かに地域密着不動産会社のHPと、不動産ポータルサイトに広告が掲載されています。さとしさんは広告が出された喜びとドキドキ感を感じながら、1ヶ月程、地域密着不動産からの連絡を待ちました。

すると、地域密着不動産からの売却活動レポートの報告では『内覧を希望される方が0人でした』とのこと。さとしさんは、この結果を予想していなかっただけにショックを受けました。自分のマンションは売れるのだろうか・・・。急に心配になり、地域密着不動産に訪れ、今後について話し合いの機会を持ちました。

地域密着不動産からの提案は、『現在の価格は、2,630万円で広告を出しているが、誰も閲覧していないため、金額を安くした方が良いのではないか?』とのこと。さとしさんは、査定価格を出したのは、地域密着不動産のため、納得ができないことを伝えるものの、査定価格は市場に対して適正価格を算出するものであり、売れるかどうかを保証するものではないと説明された。

確かに広告は出ているし、誰も反応しないのであれば、仕方ないと金額を2,420万円まで下げた。200万円を落として、2週間様子をみることに・・・。

2週間後・・・地域密着不動産に連絡をして状況を確認してみた。すると、問い合わせは0件。一向に売れる気配はないとのことだった。金額を2,100万円まで下げましょう。とさらに値下げの提案を受ける。

さとしさんとしては、価格を下げる以外に問い合わせを得るための施策はあるのではないだろうか。と疑問を感じていました。しかし、地域密着不動産会社の話を聞くなかで、納得し、地域密着不動産を信じて、もう1度価格を下げることにしました。

この時点で、最初に査定をしてくれてオオテ不動産の査定結果を下回った価格になっています。

1週間後、地域密着不動産から連絡が入り、2人から問い合わせが入ったとのこと。さとしさんは喜びながら地域密着不動産の話を聞く。すると、1人は、1,700万円なら直ぐに購入されたいとのこと。また、もう1人は、1,950万円なら購入できる状況とのこと。

さとしさんの当初の予定では、2,500万円が希望売却価格であったにも関わらず、既に2,100万円であり、さらにその下回った結果での売却は考えられなかった。そのため、地域密着不動産に当初の2,100万円でないと売りたくないと伝えるものの、購入者はそんな簡単に現れない。このタイミングを逃すと売り時を逃す可能性があると伝えられる。

さとしさんは、悩みに悩みましたが、売却時期が遅れると、新しい物件が購入できないという焦りもあり、結果として1,950万円で売却することにしました。もちろん、不満はありましたが、さとしさんとしては、どうしたら良い方向になるか検討もできない状況でした。

不動産売却契約の締結後、引渡しを実施しました。さとしさんは、本当にこれで良かったのか?安く売ってしまったのではないか?と後悔の念が消えず、インターネットで情報収集。

すると、同じマンションで、さとしさんより狭い部屋が売り出されている。価格は、2,190万円。念のため、この物件を仲介している不動産会社に電話をして、購入を検討していることを伝えてみると、このマンションは既に購入希望者がおり、話が進んでいるとのこと。。。さとしさんは、どうしても2,190万円で今すぐ購入したいと伝えてみても、契約が決まりそうであるため、断られてしまった。

さとしさんはショックを受けた。自分と同じマンションで、自分のマンションより狭いマンションが2,190万円で、自分のマンションが1,950万円。おそらく300~400万円は損をしたのではないかと気がついた。

売却活動を焦ってしまった自分に後悔した。

——————————————————————————————

いかがでしょうか。

さとしさんのこのような売却活動は、よくある話です。

冒頭に記載させて頂いた3つのポイントを念頭にいれて売却活動を実施しましょう。

【結論】

不動産を相場より高く売るための3つのポイント
  1. 査定価格に一喜一憂しない!
  2. 売れないときは、冷静かつ、販売戦略を見直す
  3. 不動産売却を依頼する不動産会社や、営業担当者を見極める

『1.査定価格に一喜一憂しない』ことは重要ですが、そもそも、自分の所有している不動産の適正価格をできる限り正確に把握することが重要です。そのための有効手段として、不動産一括査定があります。不動産一括査定は、一度に最大6社の不動産会社に査定依頼をすることができます。不動産同士で競争させ、正しい査定結果を得ることにより、自分の所有している不動産の価値を正しく把握することができます。

不動産一括査定を活用し、市場価格の適正を理解し、不動産売却を有利に進めましょう。

不動産一括査定サイト ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

不動産売却一括査定ランキング

不動産売却一括査定サイトだけでもこれだけ多くのサイトがあるのをご存知ですか?

『少しでも高く売りたい!!』 そう考えたときに、比較の観点より不動産一括査定サイトが頭に浮かびます。

一方で、最近は不動産一括査定サイトだけでも多くのサイトがあり、どれを利用するべきか全く想像がつかないですよね?

  1. イエウール

  2. イエイ

  3. ホームズ

  4. スマイスター

  5. オウチーノ

  6. すまいValue

  7. HOMU4U

  8. マイスミEX

  9. マンションナビ

  10. ソニー不動産

  11. スモーラ(smoola)


大半のサイトが、最大6社の不動産会社に査定依頼ができ、全てのサービスを無料で利用することができます。

各社違いはあるのですが、一般の方からはほとんど見分けがつきません。

そのため、公平な目線で本当に利用するべき不動産一括査定サイトをさまざまな軸でランキングにしました。

本当に売却できる不動産一括査定のランキングはこちら

不動産人気ブログランキング

ポチッと応援して頂けると嬉しいです。 にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
にほんブログ村

コメントを残す

*