不動産査定の基礎知識

不動産一括査定ってぶっちゃけ何!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
相続後に不動産を売却した場合

不動産一括査定について~まとめ~

不動産の売却を検討する際に、必ず実施をするのが不動産査定です。査定価格を割り出さないと、いくらで買主に対して売り出すのか決めることができません。査定依頼を実施する方法は、不動産業者に電話や訪問で相談をする流れが今までは一般的で、現在でも直接不動産業者に出向いている人もいらっしゃいますが、そこには大きな課題がありました。

不動産業者への訪問査定の大きな穴

不動産一括査定 チェックポイント

不動産に限らず、全ての物には値段があります。相場というものが存在しますが、査定主が変われば、当然査定結果も異なるのが通常です。ということは、不動産業者複数に査定依頼すると気がつくのですが、不動産会社 or 同じ不動産会社でも査定主が異なれば査定結果が変わることに気がつきます。

1社しか査定依頼を行わず、仮にその1社が相場を安く見積もり、売り出し価格を安く出した場合は、直ぐに売れるかもしれません。本来であれば、高額で売却できたにも関わらず、相場を知らないことで、知らぬ間に損をしていることがあります。

不動産は、スーパーの買い物や、家電製品の比較など、数十円、数百円、数万円の差・・・という訳ではなく、数百万円、数千万円の差ができるため、この相場を把握するための査定に手を抜いてはいけません。

実際に、私が友人の不動産の売却を手伝った際には(私は不動産会社ではありませんが、知識はあるのでお手伝いしました)、築10年の高層マンションが購入価格より2,300万円も高く売れたのです。

購入価格が6,700万円で、売却希望価格は9,400万円。築10年も経過しているにも関わらず、価格が落ちるどころか、数千万円もアップして売却したいという売主の強い気持ちの現れでした。

流石に私も難しいのでは!?と思いながらお手伝いをしていました。当時3名の買主が購入を希望されましたが、6,500万円、7,000万円、7,300万円。残念ながらいずれにしても、本人の希望売価を大きく下回るものでした。一般的な不動産会社であれば、この価格で売却を説得するのが通常ですが、私も何とかしたいという気持ちになり、売れるかわからないし、長期戦になるかもしれないけど、一緒に頑張ることを決意しました。

そこから、3ヶ月後にまさからの1人購入意志を頂きました。買値希望が9,000万円。

私のお手伝いしている売主の売却希望価格が9,400万円。そのマンションより下の階が9,000万円。金額面より買主が悩んでいることが伺えました。どちらにしても相場よりはるかに高い購入となるため、売主にとっては絶好の機会です。

すぐさま私は、値段を9,400万円→9,000万円に下げて、下の階の部屋に対抗するよう売主を説得しました。このような絶好の機会を逃すと販売できません。

価格も9,000万円ということもあり、売主を説得でき、スグサマ買主に交渉。当然、下の階と同等の価格であれば、上の階の部屋の方が良いということで、即決して頂くことができました。

まさかの築10年経過して、買値より2,300万円上回って売却成功できた瞬間です。

この売却成功談は、相場より高く難しい案件ではありましたが、市場価値・可能性を正しく判断できたことが成功の要因です。相場を知らずに勝てる戦いはありません。

その点、不動産一括査定サイトも完璧ではありませんが、複数の不動産業者に対して査定価格を競争させることにより、売主にとっては正しく比較でき、相場理解が深まります。不動産一括査定により、より効率的に相場を正しく判断できるため、使わない手段はありません。

不動産一括査定とはどういうもの!?

不動産一括査定 家

そもそも不動産一括査定とは何でしょうか。

一般的な不動産査定:複数の不動産会社に査定依頼をするのであれば、全ての不動産会社に同じ話をして査定依頼を行います。例えば、1社1時間をかけて査定依頼ができたとすると、5社に査定依頼をするのであれば5時間必要となります。

不動産一括査定:たった1回の説明 or 入力で2社~6社の不動産会社にまとめて査定依頼ができます。仮に5社に査定依頼のするのであれば、上記『一般的な不動産査定』の5分の1の時間で終わります。Webで入力して査定依頼を実施するのであれば、1分~2分程度で完了することができます。

不動産の相場把握には、不動産一括査定が便利です。

不動産一括査定の利用料金は!?

不動産一括査定の利用料金

不動産一括査定の運営会社は、複数ありますが、全ての運営会社が無料で提供されています。

こんなに便利なサービスが全て無料と聞くと怪しいように聞こえますが、不動産一括査定の運営会社は、提携している不動産会社より料金を頂いているため、査定依頼をする売主には一切お金を頂くことはありません。

料金面のおいても安心して利用することができます。

不動産一括査定の運営会社の違いは!?

不動産一括査定サイトの違いは、運営会社によって内容の違いはあるものの、
一番の大きな違いは、不動産売却査定ができる対象エリア、査定を担当する不動産会社の違いです。

運営会社によって、提携している不動産会社が異なります。不動産業者は全国に13万社(コンビニが7万)あるため、
どの不動産会社と提携するかは運営会社次第です。もちろん、運営会社が不動産会社に営業活動を行い、
査定を担当する不動産業者を集めなければなりません。

そのため、不動産一括査定の運営会社によって、
得意なエリアと、不動産業者の提携企業数が少ない苦手なエリアが存在します。

自分の住んでいるエリアで、不動産提携企業数が多い一括査定サイトを利用する必要があります。東京都内であれば、どの一括査定を利用しても提携企業数は多いため全く困りません。

一方で、地方で査定依頼を行うのであれば、不動産一括査定サイトによって提携不動産企業数に大きな差があります。主要な不動産一括査定サイトを2つ~3つ程利用した方が良いのは、そのような背景があります。

不動産一括査定サイト ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

不動産売却一括査定ランキング

不動産売却一括査定サイトだけでもこれだけ多くのサイトがあるのをご存知ですか?

『少しでも高く売りたい!!』 そう考えたときに、比較の観点より不動産一括査定サイトが頭に浮かびます。

一方で、最近は不動産一括査定サイトだけでも多くのサイトがあり、どれを利用するべきか全く想像がつかないですよね?

  1. イエウール

  2. イエイ

  3. ホームズ

  4. スマイスター

  5. オウチーノ

  6. すまいValue

  7. HOMU4U

  8. マイスミEX

  9. マンションナビ

  10. ソニー不動産

  11. スモーラ(smoola)


大半のサイトが、最大6社の不動産会社に査定依頼ができ、全てのサービスを無料で利用することができます。

各社違いはあるのですが、一般の方からはほとんど見分けがつきません。

そのため、公平な目線で本当に利用するべき不動産一括査定サイトをさまざまな軸でランキングにしました。

本当に売却できる不動産一括査定のランキングはこちら

不動産人気ブログランキング

ポチッと応援して頂けると嬉しいです。 にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
にほんブログ村

コメントを残す

*