不動産査定の基礎知識

不動産査定の際に不動産会社と一緒に話し合う理由!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
スマイスターの強みとは!?

売却依頼するべき不動産会社を見極める!

不動産会社に査定依頼をすると、多くの方は、不動産会社に丸投げになります。

なぜ丸投げになるのでしょうか。

羊
ひつじ

そりゃ、不動産売却は初めてだから、不動産の知識もないし、任せるしかないだろう~。どうせ、聞いてもわからないし。素人が口を挟むのも良くないだろう?

不動産一括査定を勧める
ケンジ

そんなことないですよ。むしろ、一方的に不動産担当者の言うことを信じる方が危ないです。何が正しいのか判断するのは最後は売主ですよ。ひつじさん。聞いてもわからないと言う前に、必要最小限の知識だけつけるだけでも、対応が全く変わります。忘れないで欲しいのが、不動産会社の言い成りになることだけはやめてくださいね。

不動産会社が査定のために利用するべきツール

不動産会社が査定をする際に、よく利用するツールが、レインズです。これは、先日、『【裏技】不動産査定を実施する前に自分で査定ができる!?』で学びましたよね。しかも、自分でおおざっぱには査定ができる。このレインズの仕組みを最低限理解しておきましょう。

羊
ひつじ

う~ん。そうなのかぁ~。少しだけでいいなら、学んでやるよ!!

しかし・・・レインズかぁ~。確か、そんな話あったよなぁ~。でも、正直あまり覚えていない・・・。

不動産一括査定を勧める
ケンジ

大丈夫です。何度忘れても安心してください。レインズについて再度おさらいです。

レインズ(REINS)とは・・・

国土交通大臣指定の不動産流通機構が運営・管理している不動産流通標準情報システムです。全国4つの指定流通機構で構成されている全国指定流通機構連絡協議会が保有する、実際に売買が行われた物件の価格(成約価格)等の取引情報を検索することができます。

 

レインズは、実際に売買が行われた物件の価格(成約価格)等の取引情報を検索することができる!!

これだけ、覚えておきましょう。

実際に不動産会社では、このレインズを活用して2つの内容を確認しています。

不動産会社がレインズでチェックしている2つの内容
  1. 過去に成約された成約事例(売却価格の目安の把握)
  2. 現在、売り出されている販売情報

成約事例では、売却の年月日まで記載されていますので、直近のデータであれば、より正確な情報を確認することができます。また、販売情報については、マンションなどの同一物件(部屋違い)や、周辺の似たような物件の売出価格を把握することができます。

これらのデータを参照し、特に過去の成約事例のデータをメインとして、査定価格を算出しています。

羊
ひつじ

と、いうことは、俺のマンションは、1LDKだから、同じマンションの1LDKの成約事例をみれば良いってことか。

不動産一括査定を勧める
ケンジ
そういうことです。不動産会社の担当者に、レインズの過去の成約事例で、同じマンションの事例、さらには、同じ間取りの成約事例はありますか。って聞くことにより、不動産会社は、目の前にいる売主が不動産の知識を有していると理解します。これが大切です。

不動産会社と目線が合ったところで、正しい根拠に基づいてステップを勧めることができます。

※ここで注意

レインズの話をすることにより、嫌がる不動産会社があります。

なぜならば、レインズこそが一般消費者には知りえない情報で、不動産会社としての価値が問われるところです。そのため、同じ情報をユーザーが手に入れると、自分達の価値を発揮しにくくなってしまいます。

そういった背景もあり、レインズの情報をユーザーに伝えるのを嫌がる担当者もおります。

しかし、レインズの一部の機能をユーザーに公開しているという事実をみても、情報格差は不動産会社とユーザーで限りなく埋まってきています。同じ情報を提供されることも必要な要素の1つです。

情報を隠す不動産会社は、傾向としてあまり良い方向に繋がることは少ないため、こういった要素も不動産会社に依頼するべき会社であるかどうか、ジャッジするための材料として活用してください。

包み隠さずに情報を提供してくれる素晴らしい不動産会社とお付き合いしましょう。

不動産一括査定サイト ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

不動産売却一括査定ランキング

不動産売却一括査定サイトだけでもこれだけ多くのサイトがあるのをご存知ですか?

『少しでも高く売りたい!!』 そう考えたときに、比較の観点より不動産一括査定サイトが頭に浮かびます。

一方で、最近は不動産一括査定サイトだけでも多くのサイトがあり、どれを利用するべきか全く想像がつかないですよね?

  1. イエウール

  2. イエイ

  3. ホームズ

  4. スマイスター

  5. オウチーノ

  6. すまいValue

  7. HOMU4U

  8. マイスミEX

  9. マンションナビ

  10. ソニー不動産

  11. スモーラ(smoola)


大半のサイトが、最大6社の不動産会社に査定依頼ができ、全てのサービスを無料で利用することができます。

各社違いはあるのですが、一般の方からはほとんど見分けがつきません。

そのため、公平な目線で本当に利用するべき不動産一括査定サイトをさまざまな軸でランキングにしました。

本当に売却できる不動産一括査定のランキングはこちら

不動産人気ブログランキング

ポチッと応援して頂けると嬉しいです。 にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
にほんブログ村

コメントを残す

*