不動産売却の基礎知識

不動産売却の仲介手数料の全て

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
不動産売買契約に必要な手付金額とは?

不動産会社に不動産の売買の仲介をしてもらうと、手数料を支払わなければならないのはご存知だと思いますが、この仲介手数料の上限や、支払い期限、支払い方法などを説明していきます。

【仲介手数料とは!?】

仲介手数料とは!?

不動産の取引には3種類の方法があり、一つは「仲介」、もう一つは「代理」、最後に「売主」とに分かれております。

「仲介手数料」と言うぐらいですから、手数料がかかるのは「仲介」の時のみです。

売主と買主を繋ぐため間に不動産会社が入り、契約の手伝いをしてくれるのが不動産仲介会社です。

その為、取引しようとしている物件の売主と直接売買するような場合、間に入る不動産会社がないため、仲介手数料を支払う相手がいないので、仲介手数料がかかりません。

また、代理の場合も売主の場合と同様で、売主に代わって取引をするため、売主と直接取引している場合と同じです。

『仲介手数料の種類』

仲介手数料には「両手」「片手」に分かれており、片手は売主か買主のどちらかからしか手数料を請求できないのに対し、両手は売主と買主の双方から手数料を請求することができます。

例えば売主AがB不動産会社に物件を売って欲しいと依頼し、買主CがD不動産会社に物件を買いたいから良い物件を探して欲しいと言ってきたとします。

この時Aが売り出ししていた物件をCが気に入り売買契約が成立したとします。

この際の仲介手数料の支払いは

売主A→B不動産会社

買主C→D不動産会社

という流れになります。

この仲介手数料の支払いを片手と言います。

次に売主AがB不動産会社に物件を売って欲しいと依頼され、B不動産会社が買主Cを見つけてきて、売買契約が成立したとします。

この場合、

売主A→B不動産会社←買主C

となり、売主と買主双方から仲介手数料がもらえます。

これを両手といい、不動産会社はこの両手取引の方が儲けは片手の倍になりますので、なるべく両手になるような営業をしてくる不動産会社も多いです。

【仲介手数料の計算方法】

【仲介手数料の計算方法】

仲介をしてもらったら仲介手数料が発生するのは上記で理解いただけたかと思いますが、ではいくら支払わなければいけないのか、ここでは仲介手数料の上限の説明をします。

仲介手数料には国が定めた上限があり、一般的に物件価格の3%+6万円×消費税と言われております。

これは物件の価格にもよりますので下記に仲介手数料の一覧を掲載しておきます。

物件価格 計算式
200万円以下 物件価格×5%×消費税
200万円超400万円以下 物件価格×4%+2万円×消費税
400万円超 物件価格×3%+6万円×消費税

この金額を超える仲介手数料を請求してきた時は、違法行為なので支払う義務はありません。

【仲介手数料の支払いのタイミング】

【仲介手数料の支払いのタイミング】

不動産を購入した際に色々諸費用がかかってきますが、これらはいつどこでいくら支払うのか、不動産に詳しくない人にはさっぱり検討もつかないでしょう。

ここでは仲介手数料の支払いタイミングについて説明します。

上記の計算方法からいくら支払うのかは分かって頂けたかと思いますが、ではいつどこで支払うのでしょうか。

一般的に物件の引渡し時に全額支払うことが多いです。

不動産会社や地域によっては売買契約の時に半額を、引渡し時に残りの半額を支払うという形をとっている不動産会社もありますので、支払い方法については不動産会社の担当者に直接聞いて確かめておきましょう。

『支払いの方法はと場所は?』

物件引き渡し時に全額支払う場合、住宅ローンを契約した銀行の個室で不動産会社に直接現金で支払います。

もし住宅ローンを使用しない場合は、売主側もしくは買主側の不動産会社で物件の代金やその他諸費用を支払う際に仲介手数料も支払います。

また、売買契約時に半金、引渡し時に残りの半金を支払う場合、売買契約時は売主側もしくは買主側の不動産会社で支払い、残りを銀行の個室で支払うようになります。

【仲介手数料の早見表】

【仲介手数料の早見表】

ここまでで仲介手数料について大体ご理解頂けたことと思っています。

下記に仲介手数料の早見表を記載しておきますので、物件購入の際の参考にして頂ければと思います。

物件価格 仲介手数料の上限(税込)
500万円 22万6800円
1000万円 38万8800円
1500万円 55万800円
2000万円 71万2800円
2500万円 87万4800円
3000万円 103万6800円
3500万円 119万8800円
4000万円 152万2800円
5000万円 168万4800円

仲介手数料だけでこれだけの金額を支払わなければならないので、その他の費用と併せて物件価格の1割~1.5割程多めに予算をとって物件を探していくようにするとよいでしょう。

不動産会社によっては仲介手数料を値引きしてくれるところもありますので、一度交渉してみるのもおすすめです。

【仲介手数料 ~まとめ~】

不動産とは一生に一度の大きな買い物のため、色んな知識を入れて後悔の無いような取引にしたいですよね。

これを読んで少しでもお役にたつことができれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

不動産売却一括査定ランキング

不動産売却一括査定サイトだけでもこれだけ多くのサイトがあるのをご存知ですか?

『少しでも高く売りたい!!』 そう考えたときに、比較の観点より不動産一括査定サイトが頭に浮かびます。

一方で、最近は不動産一括査定サイトだけでも多くのサイトがあり、どれを利用するべきか全く想像がつかないですよね?

  1. イエウール

  2. イエイ

  3. ホームズ

  4. スマイスター

  5. オウチーノ

  6. すまいValue

  7. HOMU4U

  8. マイスミEX

  9. マンションナビ

  10. ソニー不動産

  11. スモーラ(smoola)


大半のサイトが、最大6社の不動産会社に査定依頼ができ、全てのサービスを無料で利用することができます。

各社違いはあるのですが、一般の方からはほとんど見分けがつきません。

そのため、公平な目線で本当に利用するべき不動産一括査定サイトをさまざまな軸でランキングにしました。

本当に売却できる不動産一括査定のランキングはこちら

不動産人気ブログランキング

ポチッと応援して頂けると嬉しいです。 にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
にほんブログ村

コメントを残す

*