任意売却の知識

任意売却と一般の売却の違いとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
不動産の市場の状況を見て売却

【任意売却と一般の売却の違いについて】

任意売却と一般売却の違い

物件を売却するには通常の売却方法のほかに『任意売却』、『競売』といった売却方法があります。

『任意売却』、『競売』は住宅ローンの支払いが滞り、支払いが不可能になってしまった場合にできる売却方法です。

 

基本的には一般の売却方法と同じですが、全く同じではありませんので、任意売却と一般の売却についての違いを説明します。

 

  • 債権者の同意が必要

任意売却の場合、物件を売却するには債権者(銀行など)の同意が必要になる。

また、売買代金や引渡しの時期も債権者の同意が必要になり、売主の判断で勝手に決めることはできない。

 

一般売却の場合、売主の判断でいつでも売却が可能です。

金額や引渡し時期は買主との相談の上、合意があればいつでも自由に契約可能。

 

  • 引越し費用の支給有り

任意売却の場合、債権者の同意があれば引越し費用を売買代金から支給してもらえる可能性があります。

 

一般売却の場合、引越し費用は自分で用意する必要がある。

 

  • 住宅ローンの残債について

任意売却の場合、住宅ローンの残債については債権回収会社との交渉によって金額や期間が決定する。

 

一般売却の場合、残った住宅ローンの残債は自己負担で返済する必要がある。

 

  • 個人信用情報

任意売却の場合、住宅ローンを滞納した者として個人嬢信用情報に記載され滞納記録が残る。

 

一般売却の場合、特に記載される事はありません。

 

  • 時間の猶予

任意売却の場合、競売決定通知書が届くと任意売却ができなくなるため注意が必要です。

 

一般売却の場合、特に期限はありません。

 

一般売却と任意売却の決定的な違いは、住宅ローンの滞納者として何年間は個人信用情報に記載される、つまりブラックリストに名前が載ってしまう点と、競売決定通知書が届くまでの時間的な猶予がないということです。

 

つまり、任意売却をしたが、一定期間買い手が見つからなければ、競売にかけられてしまいます。

【『一般売却と任意売却』売却の目的が異なる!?】

『一般売却と任意売却』売却の目的が異なる!?

もうひとつの一般売却と任意売却の大きな違いは、売却の目的です。

一般売却の場合、自分のための売却であることに対して、任意売却の場合、債権者(銀行など)のための売却になります。

 

一般売却の場合は買い替えや、相続によって取得した不動産の売却など、自らが不動産会社に仲介を依頼して売却を行っていきます。

通常は3ヶ月程度の時間をかけて売却していきますが、金額に納得がいかなければ売却をしなくても構いません。

希望の金額になるまで時間をかけて売却することができますが、任意売却の場合はそんな悠長に時間をかけていられません。

 

また、一般売却の場合は自分でどこの不動産会社に依頼をするのか、いつ売るのか、売却金額をいくらにするのか、いつまでに売りたいのかをすべて自由に決めることが可能です。

【任意売却を取り扱う不動産会社と一般の不動産会社との違い】

任意売却を取り扱う不動産会社と一般の不動産会社との違い

世間には多数の不動産会社が存在しますが、すべての不動産会社が任意売却を行える不動産会社とは限りません。

 

賃貸を専門で扱っている業者や、売買専門でも任意売却や競売に関しては取り扱ってない業者など、同じ不動産会社でも得意不得意がありますので、任意売却を専門もしくは多く取り扱っている不動産会社に依頼することが重要です。

 

『大手の不動産会社の場合』

TVCMなどで広告しているような大手の不動産会社なら、任意売却についてのマニュアルなどもあり、売却するもの難しくはないでしょう。

 

法律に関する事も詳しい担当者がいるはずなので、時間はかかっても的確なアドバイスがもらえるはずです。

 

しかし、任意売却はとても時間のかかる案件なので、大手の不動産会社では優先な案件にはならず、債務者の苦しい資金状況や事情を考慮してもらうことは期待できないでしょう。

 

また、大手の不動産会社は人の入れ替わりが非常に激しいと言われております。

その為、売却後に担当者が変更になり、売却後のフォローなど望めない場合があります。

知名度の高い大手の不動産会社は信頼できる反面、任意売却などの案件には時間をかけられないため疎かになりがちなのが現実です。

 

『地域密着型不動産会社の場合』

いわゆる『街の不動産屋さん』の場合ですが、長年その場所で営業をしているので、これまでにも任意売却を取り扱ったことがあるかもしれません。

大手とは違い地域密着型の不動産会社の場合、入れ替わり立ち替わりお客さんが来店するということもないでしょうから、時間的な余裕はあるはずです。

 

その為、親身になって相談に乗ってくれる業者さんもいるでしょう。

ですが、任意売却を専門に扱っているわけではないので、知識不足は否めないでしょう。

 

『任意売却を専門に扱っている不動産会社の場合』

「任意売却専門業者」は任意売却コンサルタントとも呼ばれ、任意売却を専門に取り扱っている業者の事を指します。

 

任意売却に関する様々な知識やノウハウを有していて、街の不動産屋や大手の不動産会社とも違う特殊な業者であり、債務者の事情や考えを尊重してくれるのが特徴です。

【任意売却と一般の売却の違いとは?~まとめ~】

任意売却と一般の売却の違いとは?~まとめ~

任意売却は通常の売却とは違いますので、独特の手続きや専門的な知識が必要になりますので、そのことをきちんと理解おきましょう。

任意売却ですが、通常の取引と同じように費用を要求するような不動産会社だってあるのです。

 

不動産売却については、先ずは無料査定の依頼を実施してみましょう。

不動産売却一括査定ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

不動産売却一括査定ランキング

不動産売却一括査定サイトだけでもこれだけ多くのサイトがあるのをご存知ですか?

『少しでも高く売りたい!!』 そう考えたときに、比較の観点より不動産一括査定サイトが頭に浮かびます。

一方で、最近は不動産一括査定サイトだけでも多くのサイトがあり、どれを利用するべきか全く想像がつかないですよね?

  1. イエウール

  2. イエイ

  3. ホームズ

  4. スマイスター

  5. オウチーノ

  6. すまいValue

  7. HOMU4U

  8. マイスミEX

  9. マンションナビ

  10. ソニー不動産

  11. スモーラ(smoola)


大半のサイトが、最大6社の不動産会社に査定依頼ができ、全てのサービスを無料で利用することができます。

各社違いはあるのですが、一般の方からはほとんど見分けがつきません。

そのため、公平な目線で本当に利用するべき不動産一括査定サイトをさまざまな軸でランキングにしました。

本当に売却できる不動産一括査定のランキングはこちら

不動産人気ブログランキング

ポチッと応援して頂けると嬉しいです。 にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
にほんブログ村

コメントを残す

*