一戸建て売却の基礎知識

一戸建ての売却方法・注意すべきポイントとは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
東京都中央区の一戸建て査定・価格・相場は?

現在所有の不動産を売却する経験なんて、人生に何度もあるような出来事ではありませんよね。

その為、何から始めていいのかさっぱりわからない方も多いと思います。

今回は一戸建てやマンションなどの不動産を売ろうと思った時に是非知っておいてもらいたい事を5つご紹介していきます。

これを読んで賢く不動産を売却しましょう。

 

【賢く一戸建てを売るための注意点① 相場を知る】

賢く一戸建てを売るための注意点① 相場を知る

現在お住まいの一戸建てや、相続などで取得した一戸建てが、今どれぐらいの金額で取引されるのかを知らなければ、売却活動はできません。

かと言って、不動産には全く同じものは一つもありませんので、築年数や広さなどで確定されるものでもありませんから、調べてすぐにわかるようなものでもありません。

そこでインターネットなどで無料査定を利用すると、現在の一戸建ての相場を知ることができます。

インターネットで一括無料査定をしてもらうと複数の不動産会社が、同じような物件の過去の取引からおおよその査定額を提示してくれます。

ここで出た査定額は、あくまでも机上の査定額になりますので、正確な査定額を知るには不動産会社の営業マンに実際に家を見てもらい、詳しい話をして初めて査定額が決まります。

複数の不動産会社に依頼するのは、不動産会社や担当営業マンによって査定額は異なるので、1社だけに査定を依頼するより、複数の不動産会社に依頼をし、一番いい条件の不動産会社を見つけるためです。

【賢く一戸建てを売るための注意点② 諸費用を知る】

賢く一戸建てを売るための注意点② 諸費用を知る

一戸建てやマンションを購入する際には、仲介手数料やその他色々な費用がかかるのは、知られていますが、売却時にも諸費用がかかる事を知らない人も多いです。

素人が不動産を売却するのはほぼ無理です。

その為、不動産を売却するためには、売主と買主の間に不動産会社が入ってもらわなければ、取引はできないといっても過言ではありません。

不動産会社が仲介に入るため、売買契約が成立すれば、その不動産会社に仲介手数料を支払う義務が発生します。

この時の仲介手数料の上限は、購入の場合と同じで、売却額が高ければ高いほど、仲介手数料も高額になってしまいます。

その他、収入印紙代や、司法書士に支払う手数料等が発生するため、売買代金がそのまま手元に残るわけではないので、注意が必要です。

 

【賢く一戸建てを売るための注意点③ 住宅ローンを完済する】

賢く一戸建てを売るための注意点③ 住宅ローンを完済する

不動産を売却する時に、住宅ローンの返済が終わっている場合は、この項目は関係がありませんが、もしまだ住宅ローンの残債があれば不動産の売却はできません。

しかし、住宅ローンの残債が何千万円も残っている場合など、一括で完済することはほぼ不可能です。

そこで住宅ローンの残債を超える金額で不動産が売れれば、完済と同時に次に購入しようとしている物件の頭金に充てられる金額を手にすることもできます。

ですが、ここで注意して頂きたいのが、先ほど注意点②で述べたように諸費用がかかるという事をお忘れなく。

例えば1500万円の残債があり、物件価格も1500万円で売却ができたとしても、仲介手数料や、その他の費用を支払うと手元に残るのは、1500万円以下です。

そうなると住宅ローンの完済ができないため、抵当権が残り売却することができません。

この諸費用の事も頭に入れて、販売価格を設定する事をお勧めします。

【賢く一戸建てを売るための注意点④ 値引き交渉に応じる姿勢を持つ】

賢く一戸建てを売るための注意点④ 値引き交渉に応じる姿勢を持つ

今の新築住宅は購入しやすいように価格を安めに設定している物件も多く、一度人が住んだことのある中古物件では思った金額で売れないことのほうが当たり前になってきています。

やむを得ない事情で、築2年ほどで売却しなければならなかった物件や、よっぽどの好立地にあるなどの条件がない限り、売主の希望金額で売却できることなどほとんどありません

その為、買いたいと言ってきてくれる人が現れただけでもラッキーだと思っておいたほうがよいでしょう。

購入希望者がそのままの金額で納得してくれて、購入してくれるのが一番ですが、何千万円もの物件を購入しようとしているのですから、大抵の人が値引き交渉をしてきます。

値引き交渉が入るのを考慮して、設定の段階から査定額を高めに設定しておき、最終的な売却額の下限を決めておくと値引き交渉があった場合でも、無理なく値引きに応じることができます。

【賢く一戸建てを売るための注意点⑤ 買主の要望に答える】

賢く一戸建てを売るための注意点⑤ 買主の要望に答える

数回の値引きのためにこれ以上は値引きできないという場合、次は買主の要望にできるだけ答えるようにしましょう。

中古住宅では住んでいる間に、新しい設備を入れたり、エアコンを新しい物に交換したりと、快適に住むために色々手を加えることでしょう。

反対に、ドアの立て付けが悪くなって開きにくいや、床が少したわんでいるなどの不具合も発生すます。

もし購入希望者が「エアコンは残して欲しい」、「ドアを取り替えて欲しい」と言ってきたら快く聞いてあげることをお勧めします。

中には聞けない要望もありますが、その値段で買ってもらえるなら良いと思って要望には答えましょう。

【一戸建ての売却方法・注意すべきポイントとは!?~まとめ~】

一戸建ての売却方法・注意すべきポイントとは!?~まとめ~

不動産を売却するには費用も時間も結構かかるため、できるだけ早く高値で売却を考えている人は、柔軟な対応で売却活動に望んでください。

頑なに値下げをしない物件などは、何年も物件情報サイトに掲載されています。

柔軟な対応をしていれば、きっと良い買い手が見つかることでしょう。

 

一戸建ての売却を成功させるためには、自分の所有している一戸建ての価値を正確に把握することから始まります。そのためにも不動産一括査定を活用し、所有している一戸建ての相場を正しく理解しましょう。

不動産売却一括査定ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

不動産売却一括査定ランキング

不動産売却一括査定サイトだけでもこれだけ多くのサイトがあるのをご存知ですか?

『少しでも高く売りたい!!』 そう考えたときに、比較の観点より不動産一括査定サイトが頭に浮かびます。

一方で、最近は不動産一括査定サイトだけでも多くのサイトがあり、どれを利用するべきか全く想像がつかないですよね?

  1. イエウール

  2. イエイ

  3. ホームズ

  4. スマイスター

  5. オウチーノ

  6. すまいValue

  7. HOMU4U

  8. マイスミEX

  9. マンションナビ

  10. ソニー不動産

  11. スモーラ(smoola)


大半のサイトが、最大6社の不動産会社に査定依頼ができ、全てのサービスを無料で利用することができます。

各社違いはあるのですが、一般の方からはほとんど見分けがつきません。

そのため、公平な目線で本当に利用するべき不動産一括査定サイトをさまざまな軸でランキングにしました。

本当に売却できる不動産一括査定のランキングはこちら

不動産人気ブログランキング

ポチッと応援して頂けると嬉しいです。 にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
にほんブログ村

コメントを残す

*