不動産売却の基礎知識

不動産の訳あり物件って売れますか!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
不動産の訳あり物件

現在所有の不動産が「訳あり物件」になってしまって、この先どうしようかと迷っているのでしたら、できるだけ早くに手放したほうが良いです。

しかし、訳あり物件なんて誰も買ってくれるわけがないと、諦めている人も多いようですが、こういった訳あり物件を専門に扱う業者もいますし、値段が手頃だからといって、好んで買ってくれる投資家の人もいます。

ご自身の物件が「訳あり物件」になってしまっても、諦めずに売却活動をしていきましょう。

諦めてほったらかしにしてしまうと価値はどんどん下がっていきますので、思い立ったらすぐに行動を開始しましょう。

【訳あり物件とは!?】

不動産の訳あり物件(家)

訳あり物件とは、幽霊が出るとか、自殺や他殺があった部屋を想像している人が多いですが、これ以外にも訳あり物件と言われる要因があります。

『物理的瑕疵(かし)物件』

瑕疵とは欠陥と同義語で、建物自体に何らかの欠陥があり、居住するのに不都合があるような状態で、物理的瑕疵物件とは、これらの欠陥を隠して売却することができない物件の事を言います。

物理的瑕疵物件とは

・雨漏り

・シロアリ被害

・構造躯体などの被害

などです。

 

これらは売却の際に買主に告知する義務があり、怠ると「告知義務違反」や「詐欺罪」に問われることもありますので、告知することは忘れずに。

万が一告知を怠ってしまった場合、「賠償責任」が発生してしまい、逆に高くついてしまいます。

上記でも述べたように、訳あり物件でも買ってくれる人はいますので、包み隠さず全てを知ってもらって、納得頂いた上で売却をしましょう。

『心理的瑕疵物件』

訳あり物件や事故物件と聞けば、世間一般で言う幽霊が出る、自殺や他殺があった部屋などと想像する人がほとんどです。

上記の場合も事故物件として扱われますが、世間的にはこちらのイメージの方が強いですね。

心理的瑕疵物件とは

・自殺

・他殺

・孤独死

などです。

 

自殺や他殺は訳あり物件として扱われるのは、想像できますが、孤独死がなぜ訳あり物件と言われるのかおわかりでしょうか。

孤独死は、身内や親族の方が少なく、いてもあまり連絡の取らないような間柄の場合、亡くなってから発見されるまでに時間が経っているケースが多く、遺体が腐敗していたりします。

その為、部屋には匂いなどが残ったりもしますので、こういった場合でも訳あり物件とされます。

【訳あり物件の売却方法】

訳あり物件の売却方法

通常の売却方法と訳あり物件の売却方法は同じです。

通常の売買の契約の流れと一緒で、違うのはただ一点、告知をするというだけです。

告知をするタイミングは、物件を不動産会社に預けた際、インターネットやチラシなどに物件の掲載をしてくれますが、この時点ですでに物件資料には『告知事項あり』と記載されます。

ですから、物件の内覧がしたいと言ってきた人はすでにこの告知事項の内容を知っているはずです。

しかし、だからといって告知を怠ってはいけません。

何らかの理由で、この告知事項の事を知らなかった場合などもありますので、購入希望者が現れたら告知事項について知っているのかを確認し、さらに売買契約の前にもう一度買主に確認するようにしましょう。

『訳あり物件の査定額を決める』

通常の不動産査定と同じで、いくつかの不動産会社に連絡をするなどをして、物件の査定額を出してもらいましょう。

中には訳あり物件を嫌う不動産会社もありますし、逆に根気強く売却活動をしてくれる不動産会社もいますので、諦めずに預かってくれる不動産会社を探しましょう。

もちろん告知事項の件はしっかりと話した上で預かってくれる不動産会社に任せましょう。

 

『査定額を把握する』

査定額には不動産会社ごとにバラつきがありますので、複数社に査定額を出してもらい、おおよその価格を把握しておきましょう。

査定額=売却額ではありませんので、買い手が現れて価格交渉が入った場合を想定して、あらかじめ少し高めに設定しておくと良いでしょう。

 

『預ける不動産会社を決める』

複数社に査定をしてもらったなら、次に預ける不動産会社を決定します。

この際、1社だけに任せる『専任媒介契約』をするのか、複数社に任せられる『一般媒介契約』にするのかをまず決めましょう。

専任媒介契約の場合、定期的に売主に売却活動状況を報告する義務がありますが、一般媒介契約では報告義務がありません。

それを考慮した上で任せる不動産会社を決定しましょう。

 

『物件の内覧と値引き交渉』

訳ありですが興味を持ってくれた人が現れたら、実際に中を見てもらいましょう。この際不動産会社が内覧の日程調整などを行ってくれます。

次に実際に中を見てもらい、反応を見て興味を示してくれたら、大抵の場合は価格の交渉が入りますので、購入希望者と不動産会社に相談をします。

 

『金額に納得してもらえたら契約成立』

価格交渉の結果、お互いが納得できる金額でおりあいが付けば売買契約の成立です。

後は通常の売買契約と同じ流れで契約を進めていきます。

【不動産の訳あり物件って売れますか!?~まとめ~】

不動産会社によっては訳あり物件を買い取って、リフォームをし再販売をする業者さんもいますので、粘り強く売却活動をしていると良い買い手が見つかるものです。

これを読んで少しでも参考にしてもらえたら幸いです。

 

訳あり物件の売却について、先ずは査定依頼を実施してみましょう。

不動産売却一括査定ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

不動産売却一括査定ランキング

不動産売却一括査定サイトだけでもこれだけ多くのサイトがあるのをご存知ですか?

『少しでも高く売りたい!!』 そう考えたときに、比較の観点より不動産一括査定サイトが頭に浮かびます。

一方で、最近は不動産一括査定サイトだけでも多くのサイトがあり、どれを利用するべきか全く想像がつかないですよね?

  1. イエウール

  2. イエイ

  3. ホームズ

  4. スマイスター

  5. オウチーノ

  6. すまいValue

  7. HOMU4U

  8. マイスミEX

  9. マンションナビ

  10. ソニー不動産

  11. スモーラ(smoola)


大半のサイトが、最大6社の不動産会社に査定依頼ができ、全てのサービスを無料で利用することができます。

各社違いはあるのですが、一般の方からはほとんど見分けがつきません。

そのため、公平な目線で本当に利用するべき不動産一括査定サイトをさまざまな軸でランキングにしました。

本当に売却できる不動産一括査定のランキングはこちら

不動産人気ブログランキング

ポチッと応援して頂けると嬉しいです。 にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
にほんブログ村

コメントを残す

*