不動産査定の基礎知識

不動産一括査定からの高すぎる査定には要注意!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
不動産一括査定の高い査定額

不動産一括査定において市場価格から離れた高額査定には注意!!

不動産一括査定を実施すると、複数の不動産会社に簡単に査定依頼をすることができるため、会社によって査定結果が異なっています。その際に、最も高い査定結果に食いついてはいけません。

猫にゃん 不動産査定
猫にゃん

ええっ?最も高い査定結果が良いんじゃにゃいの?

不動産一括査定を勧める
ケンジ

査定結果=売れる とは限らないため、査定結果が高ければ良いってことではないんですよ。そのため、市場価格からかけ離れた査定結果を出す不動産会社は疑わなければなりません。

猫にゃん 不動産査定
猫にゃん

なんだか難しいにゃぁ~。

不動産査定結果の見極め方
  • 市場・不動産の相場からかけ離れた査定結果が出す不動産会社は疑え!!

査定結果は、自分でもある程度算出できるし、また、不動産一括査定によって無料で査定依頼ができます。

一方で、不動産会社の査定結果については、売れる根拠もなく高い査定額を提示することができます。

ユーザーが不動産の知識を有していないため、『査定=売れる』と思っている人も多いため、根拠のない提示をしてくる不動産会社があるため、要注意です。

ユーザー側は、他の不動産会社と比べて高い査定結果であれば気になりますよね。高い査定結果を出した不動産会社が、『うちは仲介力には自信があるからこれで売れる!』なんて言い切られたときには任せたくなるものです。

しかし、不動産の査定結果については、先日勉強したレインズを利用していることが多く、大手、中小関係なく、どの不動産も同じ情報を活用しています。

※レインズについてはこちら

【裏技】不動産査定を実施する前に自分で査定ができる!?

よって、一部の不動産会社だけが、査定結果に大きく乖離している場合は、裏があるかもしれません。

なぜ査定結果を高く見せるのか!?

同じレインズの情報を活用して査定結果を算出する不動産会社が多い中で、なぜ査定結果を高くみせる不動産会社があるのでしょうか。

答えは凄くシンプルです。

不動産媒介契約(不動産の仲介の契約)を結ぶことが目的です。

不動産会社は、売主 or    買主がいない限り、売上は上がりません。今回の例であれば、売主が目の前で査定依頼を実施している訳です。

売上の第一歩は、媒介契約を結ぶことから始まるため、如何に他の不動産会社と差別化を図るかが重要です。

※媒介契約についてわからない方はこちら

専属専任媒介契約、専任媒介契約さえ結ぶことができれば、売主を独占した状況で不動産売却活動を進めることができます。

猫にゃん 不動産査定
猫にゃん

専門用語が飛び交って、よくわからないにゃぁ~。

不動産一括査定を勧める
ケンジ

簡単にいえば、不動産会社が売主から売却活動をする権利を独り占めできれば、不動産会社は売上を上げられるってことだよ。だから、査定依頼から必至なんだ。

猫にゃん 不動産査定
猫にゃん

ってことは・・・。査定依頼のタイミングで、どの不動産会社に委託するか選定しなければいけないってこと?

不動産一括査定を勧める
ケンジ

凄い!!そういうことだね。だからこそ、査定結果の金額だけをみて不動産会社を選んではいけないんだよ。

猫にゃん 不動産査定
猫にゃん

では、不動産会社はどうやって選べば良いの?

不動産一括査定後の不動産会社の選定方法の極意

不動産の売却のおいて、不動産仲介業者の選定は非常に重要です。

売却活動の成功のキーを握っているのは、この不動産選定にかかっているといっても過言ではありません。

では、どのような箇所をチェックするべきなのでしょうか。

不動産仲介業者の選定方法
1.不動産会社・営業担当者が信じられるかどうか
2.担当者の不動産売却経験
3.所有している不動産の予定売却エリアでの売却実績
4.販売力・仲介力があるか
5.HPが綺麗で、更新されているかどうか
6.契約を結んだ場合に具体的にどの場所に広告を掲載するのか

自分の所有している不動産は、売却するだけの力を持っているかどうか。

具体的な経験や、安心して任せられる会社・営業担当であるかがとても重要です。

1.不動産会社・営業担当者が信じられるかどうか

依頼するべき不動産会社は、売主である皆さんのことを本気で考えて、質問してくれていますか?

不動産の売却背景、売却理由、希望売価、年間売却スケジュール予定、なぜその査定結果になったのか。などなど。

これは、人と人の関係ですので、接することによって本当に信頼の置ける人かどうかは判断できますよね。

ここで、丁寧な接客を受けないのであれば、絶対に売却活動を依頼するべきではありません。

2.担当者の不動産売却経験

売主の皆さんの大切な物件を営業担当者の実験台になる訳にはいきません。

売却経験を豊富に持っているか。過去の営業担当者の実績について納得するまで確認しましょう。

少しでも怪しい、違和感を感じるのであれば、委託は控えましょう。

不動産の売買は、ちょっとしたことで数十万円、数百万円と差が開きますので、不動産会社の選定は本当に重要です。

3.所有している不動産の予定売却エリアでの売却実績

営業担当者も重要ですが、『2』の確認の前に実施できるのが、委託を検討している不動産会社の販売実績です。

販売実績の中でも、自分の所有している物件近辺での販売実績を持っているかが重要です。

その地域、市場、相場、販売戦略についてどれだけ理解を示しているか・・・。

不動産の売却って、自分の知っている地域を跨ぐだけで、持っている知識が使えなくなります。

市場や、相場感、どの不動産会社が販売力があるのかないのか・・・・わからないことだらけです。

その地域に根ざした不動産、営業担当の方がやっぱり安心できますね。

その中で、販売実績が豊富な不動産会社だと安心できる材料になります。

4.販売力・仲介力があるか

『3』の延長戦上の話ですが、実績=販売力とは限りません。

過去に販売力があっただけで、直近でも販売力があるとは限りません。

仲介力がある不動産会社は、積極的に広告を投下しています。

不動産の販売のための広告は、Web媒体(SUUMO、ホームズ、アットホーム、Yahoo!不動産など)、Web広告(リスティング)、自社HPへの掲載、雑誌、チラシ(ポスティング)などがあります。

これらの広告を駆使して、積極的に広告を出している不動産会社は、仲介に積極的です。

 

その他、仲介に力を入れている企業の特徴は、自社HPです。他の不動産会社の自社HPと比べてみましょう。

自社HPにお金をかけている不動産会社は、比較的仲介力のある不動産会社が多いです。

5.HPが綺麗で、更新されているかどうか

自社HPとは、唯一自由にカスタマイズして一般の方に公開できる場所です。

綺麗に作成するのも、大雑把に作成するのも全て自分次第です。

そのため、その不動産会社のこだわりが表現されています。

HPをみたときに、自分の物件をそのHPに掲載したいと思うかどうか。

HPの見た目は重要です。

また、HPが更新されているかどうかも確認しましょう。HPが更新されていなければ、放置されている可能性があります。

購入者も更新されていないHPはチェックしません。

6.契約を結んだ場合に具体的にどの場所に広告を掲載するのか

契約を検討している不動産会社には、仮に契約を結んだ場合に、どのような方針、戦略で売却活動を進めるのか確認してください。売主の皆さんが納得することがとても重要です。

私がよく質問するのは、具体的な広告の掲載場所について確認します。

広告がなければ、購入希望者に認知されることはありません。ですので、出来る限り、広告を打って欲しい訳です。

自分の所有している物件が、広告により購入希望者にしっかりと閲覧される状況にあるかどうか。この視点は外してはいけません。

 

いかがでしたか。

不動産一括査定での高すぎる査定の注意点から、査定後の不動産会社の選定方法まで記載をさせて頂きました。

ここまで確認するべき箇所を記載すると、売却って難しそうだな。。。と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、実際には信頼できる不動産会社、担当者さえ見つかってしまえば、売却まで結びつけてくれます。

これらのことを全て確認することが必須条件ではありません。あくまで参考情報として確認してみてください。

先ずは、売却の第一歩は査定からです。査定依頼をして、査定結果や、担当者とのやり取りの中で納得度が低ければ、売却活動を一旦ストップすることができます。もちろんコストは一切かかりません。

先ずは、自分の物件の相場把握という観点からでも第一歩をスタートさせましょう。

不動産一括査定サイト ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

不動産売却一括査定ランキング

不動産売却一括査定サイトだけでもこれだけ多くのサイトがあるのをご存知ですか?

『少しでも高く売りたい!!』 そう考えたときに、比較の観点より不動産一括査定サイトが頭に浮かびます。

一方で、最近は不動産一括査定サイトだけでも多くのサイトがあり、どれを利用するべきか全く想像がつかないですよね?

  1. イエウール

  2. イエイ

  3. ホームズ

  4. スマイスター

  5. オウチーノ

  6. すまいValue

  7. HOMU4U

  8. マイスミEX

  9. マンションナビ

  10. ソニー不動産

  11. スモーラ(smoola)


大半のサイトが、最大6社の不動産会社に査定依頼ができ、全てのサービスを無料で利用することができます。

各社違いはあるのですが、一般の方からはほとんど見分けがつきません。

そのため、公平な目線で本当に利用するべき不動産一括査定サイトをさまざまな軸でランキングにしました。

本当に売却できる不動産一括査定のランキングはこちら

不動産人気ブログランキング

ポチッと応援して頂けると嬉しいです。 にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
にほんブログ村

コメントを残す

*