不動産売却の基礎知識

不動産売却は購入者の気持ちになるのが大切

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
築5年の不動産はいくらぐらいの価値があるの?

不動産を売却したいと考えている人は「できるだけ高く売りたい」と考えるでしょう。

一方、購入を希望している人は「できるだけ安く買いたいと考えているはずです。

不動産取引は売り手と買い手のお互いの利害関係が一致して初めて成立します。

どちらか一方の意見ばかりを押し通しても取引は成立しません。

不動産の購入を考えている人の立場に立って、購入希望者が購入前にどんなことを思っているのか、またどういう点に気をつけて物件を探しているのかを詳しく説明します。

売却する側にとっては、購入希望者の気持ちを考えることで早期売却など、売却を有利に進める上でも大切なポイントですのでしっかりと把握しておきましょう。

不動産売却一括査定ランキング

購入者が中古住宅を選ぶ理由

購入者が中古住宅を選ぶ理由

不動産を実際に購入を考えている人には、必ず予算があります。

この予算内で収まって尚且つ綺麗な物件を探しています。

『新築に住みたいけど新築は手がでない』という人は中古住宅を検討されます。

購入希望者が中古住宅を選んだ理由として次の3つが挙げられます。

①不動産の立地がよかったから

不動産を選ぶのに価格も重要ですが、その次に重要なのが立地ですよね。

『子供の学校区の兼ね合いでどうしてもそのエリアでなければならない』や、『周辺環境が良いからこのエリアに住みたい』など理由は様々です。

自分の希望しているエリアにタイミングよく新築物件があれば良いですが、そんな事がそうそうあるわけではありません。

それなら中古住宅でもいいから希望エリアで物件を見つけたいとなるわけです。

②新築より中古住宅の方が安かったから

不動産購入希望者の多くは、やはり新築マンションや新築の一戸建てを一度は検討しますが、予算の都合上新築物件を諦めざるを得ない場合、新築よりも手頃な中古住宅の購入を検討します。

中古住宅でも買取業者がリフォームをして再販売をしているような物件であれば、設備などは新築と変わりありません。

新築より安く購入できるのが一番のポイントですし、内装は新築と何ら変わりはありませんので、新築に住みたいけど『予算が・・・』という方が中古住宅を検討される訳です。

③古い中古住宅でも『リフォームをすればいい』と考えたから

中古住宅のメリットは新築より安価で購入できるという点と、もう一つあります。

それは、自分の好きなようにリフォームができるということです。

新築であれば初めから決まっている間取りの中から選んで購入する形ですが、中古住宅の場合、自分でリフォームをするので希望の間取りに作り変える事ができます。

リフォーム費用を考えて中古住宅を選ぶ必要がありますが、物件価格を抑えて、その分をリフォームに回し、ワンランク上の設備を入れる事だって可能です。

これ以外にも「すぐに入居ができるから」「周辺に住んでいる人や雰囲気がわかるから」などの意見もあります。

不動産購入希望者はリフォーム済み物件を好まない

不動産購入希望者はリフォーム済み物件を好まない

売却する側としては、『できるだけ高く買ってもらいたいからリフォームを考えている』売主も多いようですが、これは間違いです。

なぜなら、不動産の購入を希望している人の多くは、リフォーム前の物件を購入する人が多いからです。

これは中古住宅を選んだ理由の一つにもあるように、初めからリフォームされているものより自分の使い勝手の良い間取りに自分で作り変えたいと思っている人が多いためです。

仮にリフォームをして売り出し、そのリフォーム費用を物件価格に上乗せをして販売してしまうと、周辺の類似物件の相場から外れてしまいます。

そうなってしまうと折角高い金額を出してリフォームをした意味がありません。

リフォームをして売り出すのは買取業者に任せておきましょう。

内装は綺麗にしておきましょう

内装は綺麗にしておきましょう

もし今売りに出している物件が空家の場合、出られたままの状態にしておくより、少し掃除をして綺麗にしておくことをお勧めします。

購入希望者は安くて綺麗な物件を求めています。

ですので、部屋の隅にホコリが溜まっているものや、キッチンやお風呂に水垢や汚れが目立つと、物件の内覧に来てくれた人には印象が悪くなってしまいます。

『買主がリフォームするのだから別に構わないじゃないか』と思われている売主もいますが、もし仮に、汚れている箇所が買主の考えているリフォーム像の視野に入っていない場所があると、それが原因で購入を見送られる可能性もあります。

不動産を買うタイミングは人生に1度!?

不動産を買うタイミングは人生に1度!?

不動産を購入する機会なんて人生で1度あるかないかですよね。

不動産を購入するタイミングって一体どんなタイミングがあるでしょうか。

①出産

不動産購入のタイミングとして一番多いのがやはり出産です。

子供が生まれてくるので長く住める家を検討する方が多いです。

また、家賃を支払うより住宅ローンの毎月の返済額の方が低かったりしますので、このタイミングで購入を希望する人が多いです。

②結婚

結婚して、これから家族として生活をしていくタイミングで不動産購入を検討する方も多くいます。

これから子供が出来て家族が増える事も想定して、近所迷惑にならないようにと一戸建ての購入を希望する方が多いです。

 

いかがですか。

不動産売却は、『購入者の気持ち』を理解することから始まります。

購入者がどんな目線で中古住宅を選定しているか十分理解した上で、売却活動を実施していきましょう。

不動産売却一括査定ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

不動産売却一括査定ランキング

不動産売却一括査定サイトだけでもこれだけ多くのサイトがあるのをご存知ですか?

『少しでも高く売りたい!!』 そう考えたときに、比較の観点より不動産一括査定サイトが頭に浮かびます。

一方で、最近は不動産一括査定サイトだけでも多くのサイトがあり、どれを利用するべきか全く想像がつかないですよね?

  1. イエウール

  2. イエイ

  3. ホームズ

  4. スマイスター

  5. オウチーノ

  6. すまいValue

  7. HOMU4U

  8. マイスミEX

  9. マンションナビ

  10. ソニー不動産

  11. スモーラ(smoola)


大半のサイトが、最大6社の不動産会社に査定依頼ができ、全てのサービスを無料で利用することができます。

各社違いはあるのですが、一般の方からはほとんど見分けがつきません。

そのため、公平な目線で本当に利用するべき不動産一括査定サイトをさまざまな軸でランキングにしました。

本当に売却できる不動産一括査定のランキングはこちら

不動産人気ブログランキング

ポチッと応援して頂けると嬉しいです。 にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
にほんブログ村

コメントを残す

*