不動産売却の基礎知識

不動産売却担当営業マンの見極め方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
不動産相続の流れ

ご自身の家を売却するにあたって不動産会社に依頼をしなければいけませんが、どこの不動産会社に頼めばいいのか悩んでいる方も多いはずです。

ご自身の大切な家を任せるのですから、しっかりとした会社できちんと責任を持って販売活動を行ってくれる営業マンに任せたいですよね。

売却担当になる営業マンの質によっては売却がスムーズにいくか、そうでないか決まってきます。

苦労して手に入れたマイホームを売却するのですから少しでも高い金額で売却したいと思うのであれば、良い営業マンの見極めが大事になってきます。

この営業マン次第では成約価格も大幅に変わってくることがあるので、しっかりと見極めて少しでも高く売却をしましょう。

今回は良い営業マンの見極め方をご紹介します。

不動産売却一括査定ランキング

まずは所有している不動産の査定依頼をしよう

まずは査定依頼をしよう

ご自宅を売却しようにも価格をいくらに設定すればいいのか一般の人には皆目検討がつきませんよね。

そんな時、不動産会社にご自宅の査定を依頼し、現在の家の状況や、周辺の相場などから査定額を出してもらいましょう。

査定をしてもらう際は1社だけではなく、複数社に査定依頼をしましょう。

インターネットの一括査定依頼などを使うと一度の入力で数社に査定依頼をすることができます。

こうすることで今のご自宅がいくらぐらいで取引してもらえるのかの目安になります。

しかし、物件を預かりたいが為に査定額をわざと高めに設定する業者もいますので、複数社に声をかけている事は言わない方が良いでしょう。

万が一複数社に声をかけていることが分かっても査定額を言わないようにしましょう。

仮に3社に査定をしてもらい次のような査定額が出たときどの不動産会社を選ぶべきでしょうか。

  • ○○不動産の査定額:2000万円
  • △△不動産の査定額:2500万円
  • □□不動産の査定額:3000万円

ご自宅を売却するのですからできるだけ高く買ってもらいたいと思うのが本音ですよね。

そうすると□□不動産に頼めば高く売れると思いますよね。

しかし、この物件の相場が1800万円だった場合はどうでしょうか?

1800万円の相場の物件を1200万円も上乗せして果たして売れるのでしょうか。

これは預かりたいが為にわざと査定額を高くしている可能性があります。

※相場と売却価格がかけ離れていても売却できるケースもあります。

一般媒介契約で良い営業マンを見極める

一般媒介契約で良い営業マンを見極める

ご自宅を不動産会社に預ける場合、不動産会社と媒介契約を結ばなければなりません。

簡単にこの媒介契約を説明すると、複数社と契約ができる『一般媒介契約』と、1社とのみしか契約ができない『専任媒介契約』とに分かれます。

今回は、この『一般媒介契約』で3社と契約を結びます。

上記の例で2500万円が相場の物件だとしたら、一番高い査定額を出してくれた□□不動産の3000万円に合わせて売りに出します。媒介契約を結べば通常1人に営業マンが担当についてくれます。

その後、契約期間(約3ヶ月)の間にどの不動産会社の営業マンが優秀かを見極めていきます。

『専任媒介契約』では、定期的な販売活動状況の報告義務がありますが、『一般媒介家約』ではこの報告義務はありませんので、ご自身で週に1度ぐらいのペースで営業マンに連絡をし、活動状況をヒアリングしましょう。

定期的に連絡をすることによって担当の営業マンがどんな人物なのかが見えてきます。

例えば「○○不動産の営業マンはやる気は見えるがお客さんを全く紹介してくれない」とか、「△△不動産の営業マンは報告義務がないのに自分から定期的に連絡してきてくれ、知識も豊富で信頼ができる」など。

これが一般媒介契約の良いところです。

この期間はご自身で営業マンを見極める期間だと思いしっかりと良い営業マンを見極めましょう。

不動産売却における良い営業マンの見極め方

良い営業マンの見極め方

営業マンに望むのは、不動産知識以外にもコミュニケーション能力や相性などもあります。

不動産知識はあるが全くコミュニケーションが取れないのでは話になりません。

そういった能力の見極めには一度話しただけではわかりません。

何度か連絡を取り合って少しずつその営業マンの人となりを見極めていきましょう。

一般媒介契約から専任媒介契約に

一般媒介契約から専任媒介契約に

不動産会社の営業マンには必ずと言ってもいいほど『ノルマ』があります。

このノルマを達成するために複数社から売りに出される一般媒介契約よりも、自社で独占できる専任媒介契約の方を優先します。

初めから専任媒介契約を結んで、担当営業マンが優秀であれば良いですが、そうでない場合、契約期間満了までただ時間が過ぎるのを待つだけになってしまいます。

そうならないためにも、まずは一般媒介契約で営業マンを見極めてから専任媒介契約に切り替えるのをおすすめします。

不動産売却担当営業マンの見極め方 ~まとめ~

不動産売却担当営業マンの見極め方 ~まとめ~

今回ご自宅の売却担当営業マンの見極め方をご紹介しましたが、ご自分の家を適正な価格で売却したいと考えるなら、少し面倒でもまずは一般媒介契約を結びましょう。

どこの不動産会社に査定を依頼しても専任媒介契約を勧められます。しかし最初の契約期間は本当に良い営業マンを見極める期間だと割り切ることも必要です。

不動産売却一括査定ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

不動産売却一括査定ランキング

不動産売却一括査定サイトだけでもこれだけ多くのサイトがあるのをご存知ですか?

『少しでも高く売りたい!!』 そう考えたときに、比較の観点より不動産一括査定サイトが頭に浮かびます。

一方で、最近は不動産一括査定サイトだけでも多くのサイトがあり、どれを利用するべきか全く想像がつかないですよね?

  1. イエウール

  2. イエイ

  3. ホームズ

  4. スマイスター

  5. オウチーノ

  6. すまいValue

  7. HOMU4U

  8. マイスミEX

  9. マンションナビ

  10. ソニー不動産

  11. スモーラ(smoola)


大半のサイトが、最大6社の不動産会社に査定依頼ができ、全てのサービスを無料で利用することができます。

各社違いはあるのですが、一般の方からはほとんど見分けがつきません。

そのため、公平な目線で本当に利用するべき不動産一括査定サイトをさまざまな軸でランキングにしました。

本当に売却できる不動産一括査定のランキングはこちら

不動産人気ブログランキング

ポチッと応援して頂けると嬉しいです。 にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
にほんブログ村

コメントを残す

*