不動産売却の基礎知識

不動産売却:物件の値引きや値下げのタイミングっていつ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

不動産売却の媒介契約を交わし、売却に向けて活動されているけれども、なかなか売れなくて困っている・・・・・。という方も多いのではないでしょうか。

その際に、契約を交わしている不動産会社から提案を受けるのが値引き・値下げ。

それぞれ、いつ頃のタイミングで実施すべきか非常に重要なことです。

今回は、不動産売却における値引き・値下げのタイミングについてご紹介します。

【値引き交渉が入ることを前提に販売開始価格を決定する】

値引き交渉が入ることを前提に販売開始価格を決定する

マイホームの購入を検討している人は、何千万という住宅ローンを組むわけですから、少しでも価格の値下げをしてもらいたいというのが本音です。

 

一方マイホームの売却を検討している人は、せっかく苦労して手に入れたマイホームを売却するのだから、少しでも高く売りたいと考えるのが普通です。

 

そのことから不動産取引では、値引き交渉が入ること前提に価格設定をしなければなりません。

 

ほとんどの取引に値引きが入ることは不動産会社も知っていることなので、値引きや値下げをしなければならないことも踏まえて価格設定をしていきましょう。

 

例えば相場が2000万円の物件には2200万円から販売を開始するなど。

 

また、自分でも自分の不動産が今いくらの値が付くのかを知っておくことが大切です。

相場が分からなければその金額が周辺の相場にあっているのかどうかわかりません。

『希望の金額と最低限の金額を決定する』

不動産を売却するうえでこれぐらいの金額で売却できたらいいなぁという希望は必ずあると思いますが、希望金額=売却できる金額ではありません。

その為、まずは希望金額と最低金額を設定しましょう。

 

希望金額は相場よりも若干高くても構いません。

むしろ、値引きが入ることを前提にあらかじめ高めの設定をしておきましょう。

 

また、最低価格とは、これ以上下げることができないまたは、下げたくないという金額です。

住宅ローンの残債も残っているから最低限の金額は確保しておきたいという希望もあるでしょうから、最悪ここまでなら下げてもいいよという金額を設定しましょう。

『販売開始早々に値下げを提案してくる不動産会社には注意』

不動産会社は預かった物件はあまり長い時間をかけるより、早く売却した方がその物件にかける広告費が削減できますので、なんの根拠もなく販売早々に値下げを提案してくるような、不動産会社は信頼できるとは言えません。

 

逆を言えば、売主の希望金額で売却をしようと頑張ってくれる不動産会社の方が信頼できます。

こうした不動産会社を見つけるには、不動産売却一括サイトなどで、複数社と相談をして決めていくことが大切です。

【不動産売却:値引きと値下げの違い!?】

不動産売却に関する疑問

「値引き」と「値下げ」は金額を下げるので、一見同じように聞こえますが、意味は異なります。

まず「値引き」の場合ですが、これは購入希望者に言われて初めてするものです。

その為、購入希望者が値引きの交渉をしてこなかったら、希望金額で売却することができるということです。

 

例えば、販売開始から1週間で価格を100万円下げてくれたら即購入しますという人が現れたら、早期売却を目指している売主ならこれに応じるかもしれません。

逆に1週間購入希望者が現れないから、100万円値下げしようとはなりませんよね。

 

次に「値下げ」の場合ですが、こちらは購入希望者に少し悪い印象を与えてしまうかもしれません。

 

値下げをすると問い合わせや、購入希望者は増えますが、反対にそもそも良い物件なら値下げする必要がないのでは?という印象を与えてしまいかねません。

 

その為、値下げをするのも何度も何度も値下げをするより、おもいっきって1回大幅に値下げをするのも一つの手です。

【不動産売却:値引きをするタイミング!?】

不動産売却:値引きをするタイミング!?

値引きのタイミングは上記でも述べたように、購入希望者に言われた時だけで構いません。

こちらから提案する必要はありませんので、購入希望者がその金額で良いと言うなら黙って売却に応じましょう。

【不動産売却:値下げをするタイミング!?】

不動産売却:値下げをするタイミング

販売を開始してから1、2ヶ月を過ぎても購入希望者が現れるどころか、問い合わせさえないような状態なら、値下げをするタイミングだと言えます。

 

問い合わせがないのには物件の条件が良くないのか、立地条件が悪いのかなど様々な原因がありますが、その一つに価格が周辺相場に合ってないというのも理由の一つです。

 

その為、長期間問い合わせがなければ値下げをすることも検討しましょう。

【不動産売却:効果的な値下げ額はどれぐらい!?】

不動産売却:効果的な値下げ額はどれぐらい!?

一般的に不動産売却において、いくら値引きをすれば良いという金額はありませんので、一概には言えません。もし値下げをするのなら100万円単位で値下げをした方が、購入希望者からすると魅力的にみえます。

 

また、購入希望者は物件をインターネットなどで予算を設定して検索をしますので、値下げをするのなら、思い切って値引きをした方が良いです。

 

例えば3100万円で販売している物件を2980万円に値下げすることで、3000万円以下で探している人の検索に引っかかってきますので、買い手が見つかる可能性が高くなります。

【不動産売却:物件の値引きや値下げのタイミングっていつ?~まとめ~】

不動産売却:物件の値引きや値下げのタイミングっていつ?~まとめ~

不動産を売却に出したがなかなか売れずに、頭を抱えている人も少なくありません。

なるべくなら高く売りたいという気持ちはわかりますが、現状のままだと固定資産税や都市計画税をただ払い続けているだけで、無駄な出費にもなります。

 

こういう場合に有効な対策が値下げです。

ですが、ただ値下げを行えば良いのではなく、効果的なタイミングや金額がありますのでこれらを理解して値下げを行うことが大事です。

 

不動産の売却について、先ずは査定依頼を実施してみましょう。

不動産売却一括査定ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

不動産売却一括査定ランキング

不動産売却一括査定サイトだけでもこれだけ多くのサイトがあるのをご存知ですか?

『少しでも高く売りたい!!』 そう考えたときに、比較の観点より不動産一括査定サイトが頭に浮かびます。

一方で、最近は不動産一括査定サイトだけでも多くのサイトがあり、どれを利用するべきか全く想像がつかないですよね?

  1. イエウール

  2. イエイ

  3. ホームズ

  4. スマイスター

  5. オウチーノ

  6. すまいValue

  7. HOMU4U

  8. マイスミEX

  9. マンションナビ

  10. ソニー不動産

  11. スモーラ(smoola)


大半のサイトが、最大6社の不動産会社に査定依頼ができ、全てのサービスを無料で利用することができます。

各社違いはあるのですが、一般の方からはほとんど見分けがつきません。

そのため、公平な目線で本当に利用するべき不動産一括査定サイトをさまざまな軸でランキングにしました。

本当に売却できる不動産一括査定のランキングはこちら

不動産人気ブログランキング

ポチッと応援して頂けると嬉しいです。 にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
にほんブログ村

コメントを残す

*