不動産売却の基礎知識

不動産売却を開始してから1年以上も売れない物件の売却方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
不動産の売却後は必ず確定申告をしなければならないのか?

不動産を売却に出しているが1年以上も売れずに困っているという人も少なくないのではないでしょうか。

不動産の購入は大きな金額が必要になるのですぐに売れるわけではないのはわかりますが、1年以上も売れないとなると何かしらの原因があるに違いありません。

 

今回は不動産が売れない理由を解説していき、問題点を解決していこうと思います。

 

不動産売却については、先ずは無料査定の依頼を実施してみましょう。

不動産一括査定サイト ランキング

【不動産販売から売却までの期間】

不動産販売から売却までの期間

不動産は一般的に約3カ月で売れると言われております。

それには不動産の立地条件や販売価格などの条件が重要になってきます。

例えば、田舎にある不動産と都会のど真ん中にある同じような物件が同じ価格では、田舎の方が売れ残ってしまうのは目に見えています。

3カ月以内に売却しようと思えば、田舎にある不動産は価格を下げるしかありません。

もしくは販売価格を相場より下げるなどの対策をしなければなりません。

 

『不動産の査定額』

不動産会社が提示する販売価格には基本的に3カ月以内に売れる金額を提示してきております。

なぜなら、不動産会社と結ぶ媒介契約には契約期間があり、その期間が最大3カ月と定められているためです。

契約期間が終了すると契約更新をしない限り契約は切れてしまいます。

その為、3カ月以内に売れる金額を提示して何としても3カ月以内に売却できるように尽力をつくしてくれます。

 

この不動産会社の査定額に逆らって高い金額を設定した場合は、潜在顧客が現れるのを待つしかありません。

しかし、不動産会社の査定額に従っているのに売れない場合は、他に原因があるのかもしれません。

【不動産が売れない理由!?】

不動産が売れない理由!?

不動産が売れない理由は様々ありますが、それが「そもそも売れにくい家なのか」「何か別の問題があるのではないか」など、客観的に見ることが重要です。

それがわかればそれに応じた対策を講じることができます。

 

『不動産の売却額に問題がある』

販売を開始してから問い合わせや内覧の予約が入らないなどの場合、販売価格が相場よりも高くなっている可能性があります。

不動産には明確な金額があるわけではありませんが、相場は存在します。

この相場に反して高い金額を設定している物件は、契約どころか内覧や問い合わせさえ来ない可能性があります。

 

しかし、安易に値下げをすると売れ残りイメージを植え付けてしまうので、売り出し価格は慎重に設定しましょう。

 

『不動産の立地に問題がある』

不動産の立地を変えることは不可能なので、もし日当たりや風通しが悪いという場合、明るめの照明に変更したり、間接照明などを増やしたり、また目隠しの必要がないなどと伝えることで、不安を解消することができます。

 

田舎などの不動産の場合、駅から離れている、買い物が不便だという理由で売れないというケースが多いです。

ですが、田舎の不動産の場合、隣家に住む住人が自分の土地を広くするためや、息子夫婦のために購入するといったケースもありますので、まずは隣人に声をかけてみると良いでしょう。

 

『不動産自体に問題がある』

一般的な間取りではなかったり、修繕が必要な場合、清潔感にかけているなど、物件自体に問題があって売れないケースは、ハウスクリーニングを業者に依頼する、設備の入れ替えもしくは修理をするなどで解決できることもあります。

しかし、リフォームに多額の費用が掛かる場合、かけた費用分を販売価格に乗せることができるとは限らないので注意が必要です。

 

大規模なリフォームが必要な場合は買主に任せるのも一つの手です。

 

『不動産会社に問題がある』

不動産会社との媒介契約の種類によって、不動産会社のやる気が変わってきます。

一般媒介契約の場合、複数の不動産会社と契約ができる為、他社で契約をされてしまうと売り上げになりません。

その為、その物件にかける広告費や人件費などが抑えられ、必然的に後回しにされてしまいます。

これを防ぐには1社としか契約できない専属専任媒介契約もしくは専任媒介契約で契約をすることです。

 

『売主に問題がある』

上記の事がすべて当てはまっていないのに売れ残ってしまっている場合は、売主に問題がある可能性があります。

例えば居住中のまま売却活動をしている場合などは、購入希望者との内覧日の日程が合わない、部屋が散らかっていてる、売主が積極的にセールストークをしてくるなどの理由が考えられます。

 

これを解決するには購入希望者の内覧希望日にはできる限り合わせるようにする、きちんと部屋を片づけておく、買ってもらおうとアピールしすぎないことが重要になってきます。

また、内覧の際には日差しの入る時間帯や、近隣の会社などの稼働が少ない週末にするなどの工夫をすると購入希望者に良い印象を与えることができます。

【不動産売却を開始してから1年以上も売れない物件の売却方法~まとめ~】

不動産売却を開始してから1年以上も売れない物件の売却方法~まとめ~

ご自身の不動産が売れやすい物件のか、売れにくいのかをしっかり理解しておくことが大事です。

仮に売れにくい不動産であっても、価格を相場より低めに設定するなどで解決できる事もあるので、信頼できる不動産会社に相談することをお勧めします。

不動産売却については、先ずは無料査定の依頼を実施してみましょう。

不動産一括査定サイト ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

不動産売却一括査定ランキング

不動産売却一括査定サイトだけでもこれだけ多くのサイトがあるのをご存知ですか?

『少しでも高く売りたい!!』 そう考えたときに、比較の観点より不動産一括査定サイトが頭に浮かびます。

一方で、最近は不動産一括査定サイトだけでも多くのサイトがあり、どれを利用するべきか全く想像がつかないですよね?

  1. イエウール

  2. イエイ

  3. ホームズ

  4. スマイスター

  5. オウチーノ

  6. すまいValue

  7. HOMU4U

  8. マイスミEX

  9. マンションナビ

  10. ソニー不動産

  11. スモーラ(smoola)


大半のサイトが、最大6社の不動産会社に査定依頼ができ、全てのサービスを無料で利用することができます。

各社違いはあるのですが、一般の方からはほとんど見分けがつきません。

そのため、公平な目線で本当に利用するべき不動産一括査定サイトをさまざまな軸でランキングにしました。

本当に売却できる不動産一括査定のランキングはこちら

不動産人気ブログランキング

ポチッと応援して頂けると嬉しいです。 にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
にほんブログ村

コメントを残す

*