不動産売却の基礎知識

売却で売れない・・不動産会社を変えるタイミングは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
一般媒介契約はペナルティなしで解約できる

現在、不動産会社にご自宅の売却を依頼しているが、思うように買い手が見つからない、これといった成果が出ない場合など、不動産会社を変更してみようかなと思うはずです。

ですが、不動産会社を変えるタイミングはいつがいいのかわからない、また、変える場合違約金が掛かるのでは!?と考え、ダラダラといつまで経っても成果を上げてくれない不動産会社に預けているという人もいるでしょう。

不動産会社と売主は、信頼関係が築けているから成り立っているのであって、信頼関係が気づけないような不動産会社はすぐにでも変えるべきです。

今回は不動産会社の変更するタイミングについて説明します。

不動産売却一括査定ランキング

媒介契約が切れるタイミングで変更する

媒介契約が切れるタイミングで変更する

売主と不動産会社は『媒介契約』で結ばれています。

この『媒介契約』とは、売主が不動産会社に「私の家を預けますので販売活動を行ってください」とお願いをして不動産会社が預かった不動産を一般の人に向けて販売活動を行うというものです。

これには『一般媒介契約』と『専任媒介契約』があり、『一般媒介契約』は複数の不動産会社と契約ができますが、『専任媒介契約』では依頼できる不動産会社は1社だけに限られます。

また『専任媒介契約』の契約期間は最長3ヶ月です。

3ヶ月を過ぎてなおも同じ不動産会社にお願いする場合は更新をしなければなりません。

しかし、更新の手続きをしなければ自動的に契約が切れます。

不動産会社に不信感があればこのタイミングで不動産会社を変えてみるのもいいでしょう。

※媒介契約の詳細については、『媒介契約(3種類)の中で、どれを選択するべきか?』をご覧ください。

不動産会社に不信感を抱いた時は変えるタイミング

不動産会社に不信感を抱いた時は変えるタイミング

  • ご自宅の販売活動を行っている不動産会社の販売活動に不満がある
  • 担当者とのコミュニケーションが取れない

など、不動産会社に対して不審に思うことがあると思います。

不動産会社との専任媒介契約には『専任媒介契約』と『専属専任媒介契約』の二つがあり、『専任媒介契約』の場合、2週間に1回、『専属専任媒介』の場合、1週間に1回の販売活動状況の報告義務があります。

この報告義務を怠ったり、メールなどで簡単に済ませたりするような不動産会社はすぐに変えるべきです。

本当に親身になって販売活動をしてくれる不動産会社は、メールなどで報告せず、直接家まで来て細かく報告してくれたり、電話でしっかりと報告してくれます。

問い合わせの数や実際に案内した人数、また、『なぜ売れなかったのか!?』まで細かく報告してくれます。

気になるのなら自分から色々聞いてみるのも良いでしょう。

本当に売主の事を考えてくれている不動産会社なら答えてくれるはずです。

そうでない場合は変更したほうが良いと言えます。

すぐに値下げを提案してくる不動産会社も要注意

すぐに値下げを提案してくる不動産会社も要注意

苦労して購入したマイホームを売却するのですから、できるだけ高く買ってもらいたいと思うのは当たり前の事ですが、相場とかけ離れた価格をつけても買い手が見つかりません。

そのため、戦術として値下げをするのも良い方法ですが、販売活動を初めて間もないのに、値下げの提案のしてくる不動産会社もいます。

中には、まだ媒介契約も結んでいないのに値下げの話をしてくる不動産会社までいます。

また、値下げの理由もはっきりと伝えずに値下げを提案してくる業者や営業マンがいますが、その場合どのような販売活動をして、何人のお客さんが内覧をしてくれたのか?など細かく販売活動の内容を聞いてみましょう。

その内容が納得できるものであった場合、値下げをするのも良いと思いますが、そうでない場合は不動産会社を見直したほうが良いでしょう。

買取を勧めてくる不動産会社も要注意

買取を勧めてくる不動産会社も要注意

不動産会社には仲良くしている買取業者がたくさんいます。

人気エリアの人気物件であれば、一般のお客さん相手に買い手を探してもすぐに見つかるでしょうが、すぐにお客さんが見つかりそうにない物件の場合、買取を勧めてくることがあります。

買取をすれば、物件を預かっている不動産会社はすぐにでも売上に反映しますし、なによりいつ現れるかわからない買い手を探す必要がなくなります。

「お客様の物件に3社の買取業者が買いたいと言ってきている」などといい、買取を勧めてきます。

買取の場合相場の7割程度になりますが、すぐにでも現金を手にすることができます。

急いで現金が欲しいという人には買取はおすすめですが、少しでも高く売りたいと思っている人には向きません。

こういった買取を頻繁に勧めてくるような不動産会社は注意してください。

悪質なケースになれば、媒介契約を結んだ直後に買取の話を持ちかけてくる不動産会社もあります。

その場合、仲介業務よりも買取業務をメインでしている会社の可能性が高いです。

売却で売れない・・不動産会社を変えるタイミングは!? ~まとめ~

売却で売れない・・不動産会社を変えるタイミングは!? ~まとめ~

媒介契約が切れるタイミングで不動産会社を変えるのもいいですが、契約途中でも解約の申し出をしてみましょう。

中には違約金が発生してしまうケースもあるので、その場合は契約が切れるタイミングで解約をしましょう。

また媒介契約を結ぶ際はしっかりと契約内容を確認してから契約をするよう心がけましょう。

 

媒介契約を結んでいても、自分の所有している不動産の相場、価格を正しく理解できている人は少ないですよね!?

不動産の売却が進まない理由はそこにあるかもしれません。

不動産一括査定を活用し、正しい相場把握をすることから始めてみると、売れない理由が理解できるかもしれません。

また、少しでも高く売れる秘訣になると思います。

不動産売却一括査定ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

不動産売却一括査定ランキング

不動産売却一括査定サイトだけでもこれだけ多くのサイトがあるのをご存知ですか?

『少しでも高く売りたい!!』 そう考えたときに、比較の観点より不動産一括査定サイトが頭に浮かびます。

一方で、最近は不動産一括査定サイトだけでも多くのサイトがあり、どれを利用するべきか全く想像がつかないですよね?

  1. イエウール

  2. イエイ

  3. ホームズ

  4. スマイスター

  5. オウチーノ

  6. すまいValue

  7. HOMU4U

  8. マイスミEX

  9. マンションナビ

  10. ソニー不動産

  11. スモーラ(smoola)


大半のサイトが、最大6社の不動産会社に査定依頼ができ、全てのサービスを無料で利用することができます。

各社違いはあるのですが、一般の方からはほとんど見分けがつきません。

そのため、公平な目線で本当に利用するべき不動産一括査定サイトをさまざまな軸でランキングにしました。

本当に売却できる不動産一括査定のランキングはこちら

不動産人気ブログランキング

ポチッと応援して頂けると嬉しいです。 にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
にほんブログ村

コメントを残す

*