不動産売却の基礎知識

居住中の不動産(物件)の早期売却方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
スマイスターの土地活用・口コミ・評判が良いところ

不動産を売却するには、空室にしてからでないと売却ができないと思っていらっしゃる方が多くいますが、実際には居住しながら売却に出す方も多数います。

 

居住中では売却できるかどうか疑問に感じている人がいるようですが、空室にしてから売却に出した方が良い場合と、居住中のまま売却に出した場合が良い場合があります。

 

現在お住まいの物件を居住中のまま売却に出そうかどうか検討中の方にはこちらを読んでからご検討してみて下さい。

 

市場に出ている売却物件の中には居住中のまま売却に出されている物件も数多くありますので、売却できる理由を次でご説明します。

【居住中に不動産(物件)売却できるわけ】

居住中に不動産(物件)売却できるわけ

不動産を売却に出す理由は人それぞれですが、全ての人が売却する際に退去して売りに出すことができるわけではありません。

 

退去することができなくても売却しなければいけないという理由もありますから、居住している間に売却に出したいと考える人も多くいます。

 

不動産は空室状態でも居住中でも売却することは可能です。

 

その理由としては、『買い換え』によって売却をする人が多いからです。

 

買い換えで現在居住中の物件を売却に出す場合、住宅ローンの残債が残っているケースがほとんどなので、退去をして仮住まいの賃貸の家賃も支払うとなると出費がかさむことから、退去をしてまで売却に出す人はいません。

 

また、次の住まいが新築で現在建築中の場合も、建物が完成するまで別で部屋を借りるとなると出費がかさみますので、退去してまで売却するような人はいません。

 

このように居住中に売却するほうが都合が良いということもありますので、必ずしも退去をしなくてはならないわけではありません。

【早期不動産売却を目指すならメリットとデメリットを知ろう】

早期不動産売却を目指すならメリットとデメリットを知ろう

居住中の物件の早期売却を目指すならメリットを知り、そのメリットを活かせるようにすれば買い手もすぐに見つかり、早期での売却が可能になります。

 

居住中の物件の場合、空室の物件に比べて売却しにくいと思われがちですが、居住中のほうが良いというメリットもありますので、ご紹介していきます。

 

『居住中物件のメリット』

売主に直接質問ができる

物件の内覧の際には、購入希望者が売主の住んでいる部屋に実際に上がらせてもらい、中を見ることができます。

 

そのため、気になった点や周辺住人の情報などを売主に直接聞けるので、実際に住んだ時のイメージがつかみやすいというメリットがあります。

 

どの年代の人から関心があるのかを知ることができる

物件の購入希望者と立ち会うことで、ご自身の物件がどの年代の人が気になって内覧に来てくれているのかを知ることができるため、物件を宣伝する点などが異なってきます。

 

例えば年配のご夫婦が見に来られているのに、子育て環境が良いことを宣伝しても仕方がないし、逆に小さなお子さんを連れて身に来られた方に対して、周辺には年配の方が多く住んでいるからトラブルが少ないですよと宣伝しても何の効果もありません。

 

家具が設置されているため生活のイメージがしやすい

売主が現在も住んでいらっしゃるため、家具や家電が設置されたままになっておりますので、実際に生活をする際のイメージをしやすいというメリットがあります。

 

購入希望者が売主と同じような家族構成だった場合などは、子供の部屋割りやリビングの広さ、家電の置き場などを参考にしてもらうことができますので、そういったご家族にはこれは大きなメリットになります。

 

『居住中物件のデメリット』

家具や家電があるため部屋が狭く見える

家具や家電があるために部屋が狭く見えてしまう場合は、デメリットになってしまいます。

 

家具や家電がある場合、生活をイメージしやすいというメリットをご紹介しましたが、見る人によっては逆にデメリットになってしまうこともあります。

 

細部まで確認することができないこともある

売主がまだ住んでいるため気を遣ってしまい、クローゼットの中や洗面収納、キッチンの収納といった細かな部分に確認をできない場合がある。

 

生活感がありすぎて逆効果になることも

居住中の物件の場合、生活感があるというのがメリットでしたが、逆にありすぎて購入希望者の購入意欲がなくなってしまうこともあります。

 

例えば壁紙が破れていたり、掃除を怠っていて汚れが目立つ場合など、購入希望者のイメージを悪くしてしまう可能性もあります。

【居住中のデメリットをなくし、不動産早期売却を目指す】

居住中のデメリットをなくし、不動産早期売却を目指す

居住中の物件の早期売却を目指すならこれらのデメリットを極力なくすことで叶いますので是非実践してみてください。

 

室内を広く見せる

家具や家電の配置を変え少しでも部屋を広く見せるなど。

 

購入希望者に気を遣わせない

「どうぞクローゼットの中も見てくださいね」と声をかけるなどをして、購入希望者に気を遣わせずに見てもらうようにするなど。

 

できるだけ生活感をなくす

破れた壁紙の修理や、清掃をしできるだけ生活感をなくし、きれいな状態で内覧してもらうなど。

【居住中の不動産(物件)の早期売却方法~まとめ~】

これらのメリットとデメリットを理解しておくことで、物件の早期売却につながりますので、デメリットは改善をし、メリットはよりよく見せるための工夫をしていきましょう。

 

不動産の売却については、先ず相場を把握することから始まります。査定依頼は完全無料で利用することができますので、是非活用してみてください。

不動産売却一括査定ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

不動産売却一括査定ランキング

不動産売却一括査定サイトだけでもこれだけ多くのサイトがあるのをご存知ですか?

『少しでも高く売りたい!!』 そう考えたときに、比較の観点より不動産一括査定サイトが頭に浮かびます。

一方で、最近は不動産一括査定サイトだけでも多くのサイトがあり、どれを利用するべきか全く想像がつかないですよね?

  1. イエウール

  2. イエイ

  3. ホームズ

  4. スマイスター

  5. オウチーノ

  6. すまいValue

  7. HOMU4U

  8. マイスミEX

  9. マンションナビ

  10. ソニー不動産

  11. スモーラ(smoola)


大半のサイトが、最大6社の不動産会社に査定依頼ができ、全てのサービスを無料で利用することができます。

各社違いはあるのですが、一般の方からはほとんど見分けがつきません。

そのため、公平な目線で本当に利用するべき不動産一括査定サイトをさまざまな軸でランキングにしました。

本当に売却できる不動産一括査定のランキングはこちら

不動産人気ブログランキング

ポチッと応援して頂けると嬉しいです。 にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
にほんブログ村

コメントを残す

*